テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

アメトーーク!12/30日放送回・アメトーーク!年末も爆笑で腹痛訴える人多数!

TV☆Writer

いいね0
うーん0
閲覧数66

2016年10月より木曜と日曜の週2回に放送が拡大された「アメトーーク!」。
今年の年末は5時間SPという大きな枠を取っているところを見ると、まだまだ番組人気の衰えはなさそうだ。

2016年の年末は人気の企画「運動神経悪い芸人」や「出川と狩野」、「ザキヤマ&フジモンがパクリたい‐1GP」など人気企画目白押しだった。

笑いなくして年は越せないとばかりに爆笑連続の内容をかいつまんで見ていこう。

まず、運動神経悪い芸人には初の女子としてフリーアナウンサーの川田裕美アナが登場。

ニュース番組を担当した経歴もあり、才色兼備のイメージがある川田アナであるが、実はスキップが出来ない事で有名な運動音痴である。

前足つんのめりのスキップはネットでも爆笑を誘い、「面白すぎて飯食えない」「面白すぎて吹いた」など、視聴者へのパンチ力は相当なものだったようである。

また、バスケでは片手で打つレイアップシュートをしようとするあまり何としてでも片手しか使わない川田アナ独特の手法に変わっていった。

ドリブルをついてボールを持ち上げる時もなぜか片手、しまいには床に転がったボールを片手でのみ必至に弾ませてようとする姿にゲストでバスケ経験者の広瀬アリスは涙を流しながら笑っていた程だ。

川田アナの運動神経の悪さには爆発的な笑いが潜んでおり、今後も色々な企画をやって欲しいものである。

続いては良く似た先輩・後輩、出川と狩野のボケボケコンビが登場する。

相変わらず面白い言い間違いを連発して会場の爆笑を誘うが、そんな二人には意外な共通点があることが発覚。
まず二人は事務所と専門学校が同じでロンハーでプロポーズをした経験がある。更には二人とも宮城県にルーツがある事が新しく分かった。

狩野は宮城県出身で実家は1500年続く神社であるが、出川の母方の実家は宮城県塩釜市で海苔問屋を営んでおり、近所には塩竈神社があった。更に狩野の祖父は神主になるべく塩竈神社で修業を積んでいたと言い、先祖同士が会っていた可能性が浮上。二人は昔から何かの運命でつながっていたのかもしれないと感じさせられる内容であった。

また、出川の大叔父は新日本製鐵(現・八幡製鐵)の初代社長であったそうで、出川はお坊ちゃま育ちであったようである。

一方、狩野も神主の息子としてお坊ちゃま育ちであるが、先祖のおじいさんは不倫で三角関係に陥り、そのうち1人の悪いばあさんが神社に火を付けて火事になったというエピソードを披露。

まさに2016年狩野と加藤紗里・川本真琴の関係の彷彿とさせるエピソードである。狩野は「先祖は火事で神社が炎上」、「僕はSNSが炎上」と先祖と自分を「炎上」でつなげ、笑いを取った。

2016年は出川が小学生や幼稚園の小さい子供から人気を集めるプチブレイクの年ともなった。

2017年も出川&狩野の活躍が期待されるところである。

ツイッターでは「アメトーークSP見たので年越せそう」などと、やはり笑いなくして年は越せない人が大勢いたようだ。

長年続いている番組だけにお正月に安定した笑いを届けてくれる「アメトーーーク!」にはこれからも頑張ってもらいたいものである。

なんだかんだ見ちゃいますよね♪

本名:狩野 英孝(かの えいこう)
生年月日:1982年2月22日
出身地:宮城県
学歴:日本映画学校卒業
サイズ:身長175㎝ 体重60㎏ B87㎝ W80㎝ H93㎝ 足26.5㎝
趣味:ゲーム、マンガ
特技:ギター弾き語り、飲み比べ
血液型:A型

引用元:http://www.maseki.co.jp/

川田裕美アナのオフィシャルブログ☆

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム