テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

RIZIN FIGHTING WORLDGP 2016 12/31日放送回・やっぱり総合格闘技はなんだかんだ言っても面白い

TV☆Writer

いいね0
うーん0
閲覧数213

まずはニューヒーローの誕生からです、那須川天心です。

MMA初登場ニキータ・サプン選手と対戦しました。

やっぱり若々しい試合展開で序盤から押し気味に試合を進めた天心選手ですが、やはりキャリアの浅さから大ピンチを迎えます。

ふとした瞬間に右腕を取られて、完全にきめられてしまうのです。腕が肘から逆側に曲がるほどの状態まで追い込まれてしまい、完全にアウトかと思いました。

しかしこの体勢から腕を振りほどいてそして、ひるむことなく反撃に転じて、最後はTKOで勝ってしまいます。その勢いで2試合目も腕にグルグル巻きにテーピングをした状態で今度は相手からタップを奪って勝ってしまったのです。

勝敗もそうですが、劣勢を跳ね返す力、何にもひるまない勢いみたいなものを感じさせられて、軽量級ならではのスピードとスリルが味わえました、今後にも期待です。

次に今度はヒロインです、もちろんRENA選手です。

RENA選手の美しさとは、その姿かたちだけではなく、リング上での立ち居振る舞いも含めてリングが彼女の舞台となってしまいます。

何より戦っているときのRENA選手は冷静なハンターのような目でいつも相手を見ています。決して、泳いだり、ひるんだり、あるいはテンションが以上に上がったりといった雰囲気ではありません。まさしく冷酷な戦士そのものです。

まだまだ線の細さみたいなものがありますから、自分よりも体格の大きなパワーで押してくる選手相手に戦うにはもっと体力が必要かもしれませんが、それもまた見てみたいものです。

次に日本人が大好きなヒーローが帰ってきました、ミルコ・クロコップ選手です。

以前に人気のあったPRIDE時代からのおなじみの選手で、同じ時期に活躍していたヒョードル選手よりも、ミルコ選手の方が私は好きです。

ヒョードル選手のどこか冷酷さと勝つことにのみ集中するかのような試合展開よりは、ミルコ選手のどこか哀愁を帯びたような瞳と、キレ味の鋭いキック・パンチで一瞬にして相手をリングに沈めるシーンが心に残ります。

戦いの中に哀しみや美学が凝縮されているような感じです。それゆえに思わぬ敗戦をきっしたりすることもあるのですが、今回は準決勝のバルト選手といいアミール・アリアックバリ選手といいミルコ選手には軽すぎた気がします。

そして、今度は残念編です。

なんといってもバルト選手です。リングに上がった姿は他の選手とはまったく違っていました、まったく締りのないものでした。1試合目のTK戦こそ、パワーゲームで押切りましたが、それでも試合展開はまったく面白みのないものでした。

案の定というか、2試合目のミルコ戦では、コーナーに追い込んで体を密着させながら、ミルコ選手の膝蹴り1発で悶絶して相手に背中を見せて逃げてしまいました。

まるでかってのカエルのようにヒシャゲテしまった曙をみているようでした。

最後に実は一番感動した試合が、北岡悟 vs. ダロン・クルックシャンクです。

どちらの選手も超有名なスーパースターではありません。まさに1戦1戦に骨身を削るような戦いをしなければいけない選手です。今回の大会でももちろん、さほど注目を集める試合ではなかったはずです。

そんななか、北岡選手は試合の序盤、打撃が得意なクルックシャンク選手に対して打ち合いを挑み、滅多打ちにされ流血していきます。所謂血まみれといった状態です。誰の目にも劣勢は明らかでした。

ところが、北岡選手はこの日初めてのタックルで相手を捕まえるのに成功し、見事にそこからフロントチョークで相手からタップを奪うのでした。

まさに肉を切らせて、骨を断つ!と言った感じで凄みさえ感じたものでした。

試合結果はこちらから~!

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム