テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

めちゃ2イケてるッ! 4/8日放送回・人間的に素敵な人間であることを思い出させられた

TV☆Writer

いいね0
うーん0
閲覧数188

ナインティナインと言うお笑いコンビは、基本的には今やネタ番組で見ることもあまりない。そして数多のお笑い芸人と同じように、コンビのどちらかがピンの仕事も多い。

さらにいえば最近のめちゃイケは正直全然魅力がないものだった。それはネットなどの声でもそうだし、実際に見てみても多くの人がそう思ったことだろう。

だから、みんな忘れていたのではないだろうか?ナインティナインと言うコンビが何故売れているのかという事を。それを思い出させてくれたのが、今回のめちゃイケのドッキリSPだった。

今回のめちゃイケでは様々なドッキリが仕掛けられていた。それは大きいものから小さいものまで本当に様々だ。

小さいものは、ただ廊下で後ろから大きい声を出すだけというもので、大きいものはやはりこの、番組の最後に放送された、ナインティナインのドッキリだろう。

このナインティナインのドッキリは、矢部が不倫をしてしまったことを岡村に報告するというドッキリなのだが、たとえば嫁に不倫をした際の嫁の様子などを具体的に語ったり、すごくリアリティのあるドッキリになっていた。

そんなドッキリだったからこそ、このドッキリを通してナインティナインの魅力を再び思い出されたのだ。

じっくり冷静に語る矢部の話は、岡村は矢部を責めることなくただただ冷静に聞いていた。そして、それはすごく誠意のある聞き方だったように思う。

スタジオでは「岡村は真面目だから」といじられていたり、あるいはテロップでは「恋愛経験もないのに恋愛や家族を語る」などと言う風にいじられていたが、すごく誠意のある態度で話を聞き、誰も傷つけないようにしていた岡村の対応は素晴らしく人間味にあふれていたと言えるだろう。

それを象徴するシーンが一つある。それが岡村が矢部がクリアーにしていく問題を整理している時にさらっと言った「不倫相手の方」と言う表現だ。普通こういうシークレットな場での言語表現というのは、乱れがちになるものだ。ましてや相手は自分をも問題に貶めるような人だ。この場合、愛人とか、不倫相手とか、あるいはその女とか、そういう乱暴な言い方になっても仕方がない。でも、岡村はそこで「不倫相手の方」という表現をしたのだ。

たしかに悪いのは矢部で、矢部が手を出さなければ済んだ話ではあるのだが、その女性も矢部を妻帯者と知り手を出していたわけなのだから、同罪だろう。それなのにそんな不倫相手にも誠意を払う。そんなことが出来る人間だからこそ、ここまで芸能界で売れたのだ。

番組では、ナインティナインの歴史を改めて視聴者に確認させるために、過去の映像も流していたが、過去には当然矢部も人間味あふれるシーンを見せていた。

数年前岡村が病気でめちゃイケどころか芸能界自体を休業した時、矢部は自分のせいだとひそかに番組スタッフに語っていたのだ。確かに芸能界に岡村を誘ったのは矢部だし、矢部が誘わなければそんなことにもならなかったのかもしれない。

でも、実際別に矢部は何もなっていないわけなのだから、それはあまり関係のない話だ。道を選んだのも、結局最後は岡村自身で選択した結果なわけなのだから、関係ないのである。

それでも矢部は自分のせいだとすごく落ち込んだという。それだけやさしい人間なのだ。そんな二人だからこそ、そろって人気者になれたのだ。

そんな二人の人間性は、このドッキリの最後の仕掛けでも見られた。最後の仕掛けは、そんな風にバカな事をして岡村をはじめいろいろな人に迷惑をかけてしまったことの責任をとって、ナインティナインを解散する覚悟もあるということを、岡村に伝えようという仕掛けだ。

しかし矢部はなんとなく自信が無さげだった。それにはまだ、先述の事を引きずっているからなのだろうということが想像できた。自分のせいで病気になったり、もしかしたら今でも芸能界を辞めたいのかもしれない。それならば、ここで解散を切りだしてもすんなりと受け入れられてしまうかもしれない。そんな怖さがあったのだろう。だから矢部はなかなか切り出せずにいた。それでも、番組的にはそれを切り出さないと終われない。

なので、スタッフがラインで「そろそろ切り出せ」と発破をかけたりしつつ、ついに矢部は切り出だした。その言葉を聞いた岡村は、一度言葉の意味をかみしめるようにして、しっかりとした表情は「それは無い」と言ったのだった。それを聞いた矢部は、仕掛け人なのにすごくホッとした顔をしていた。

岡村はやはり真面目で、かつお笑いが好きで、矢部が好きで、矢部も岡村が大切で真面目で、そんな二人の人柄がよく出ていたドッキリで、また改めて、ナインティナインと言うコンビをたくさん見たいなと感じてしまった。

ドッキリとしてのオチも最後に濱口ふんする笑う女が出てきて、ケラケラ岡村や矢部を馬鹿にしていじり、面白おかしく終われたし、ほっこりしつつ笑えるという、すごく良いドッキリだったのではないだろうか?

こういう企画をたくさんしていけば、めちゃイケがフジテレビの冠番組として息を吹き返す日も来るだろう。

ドッキリはツイッターでも話題に~(♡´ω`♡)

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム