テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

さまぁ~ずの神ギ問 4/9日放送回・今回気になる神ギ問は「トンネルにある非常口どうやって外に逃げられるの?」

TV☆Writer

いいね0
うーん0
閲覧数262

今回のゲストは、元アイドリング!!!のメンバーであり、現在はメンテナンスのメンバーである朝日奈央です。

一つ目の疑問は、「そもそもわがままボディってなに?」です。
「わがまま」とは、本来は性格を表す言葉ですが、
それを体型の表現に使うことには確かに疑問を覚えます。

しかし、今回はパネラーの興味を強く引くことが出来なくて
「グ問」となりました。

二つ目の疑問は、「テレビ番組とかで、中国っぽいときに流れるあの曲なんて曲?」です。たららららんらんら~ん♪

曲を聞いただけで中国を連想するあの曲です。
ゲームやパチンコ、中国映画でもよく耳にしますが、曲名を聞いたことがありません。パネラーも強く興味を引かれて、「神ギ問」に認定されました。

早速調査開始ということで、まずは「お台場にいる中国人観光客」に聞いてみた様です。

しかし、数組の中国人観光客に聞いてみたが有力な情報を得られなかったみたいです。

そこで、愛知県立大学のエドガー・W・ポープ教授に話しを聞いた結果、「オリエンタル・リフ」というもので、東アジアをイメージさせる短いメロディフレーズの様です。曲ではなく、いろんな曲の中で使われる短い部分を指すみたいです。

そして、そのルーツについても聞いたところ、そこまでは教授も知らないということでした。

専門家でも知らないということで、番組スタッフは、Google、本、雑誌などと、あらゆる情報を手当たり次第に調べた様です。

そして、週刊文春の記事の中から興味深い内容を発見したとのこと。

それは、スウェーデンの web デザイナーであるマーティン・ニルソンが「オリエンタル・リフのルーツを見つけ出した」というものです。

既に調べた人がいるなら、その人に聞くのが早いと協力依頼をしたところ、「現在はもう興味がない」と取材拒否されたそうです。

しかし、調査した情報をネットに掲載しているので、自由に使って良いとのこと。興味が無くなったことには、あっさりした人なんですね。

ネットに掲載された膨大な情報を20万円かけて英訳して、ルーツについて調べた結果は。。。

「起源は未だに明確に特定はできていない。」の一文を見つけてディレクターがっかり。

しかし、何か手がかりがないかと調査を続けていたら、起源の候補曲約100曲を発見しました。

その100曲を全て聞いて、起源となる曲を探したところ、1910年「Chinatown,My China’own」が全米でNo.1ヒットして以降真似た歌が多いことを発見。

さらに、調べて行くと、1933年イギリスのコメディアン歌手ジョージ・フォームビー「The Wedding Of Mr.Wu」の最後のフレーズが近いことを発見。

調査の結果、「オリエンタル・リフ」という旋律であり、起源は
1933年の「The Wedding Of Mr.Wu」ということになりました。

三つ目の疑問は、「トンネルにある非常口どうやって外に逃げられるの?」です。
確かに、密閉されたトンネルで、事故が発生したら何処にどうやって逃げればいいんでしょうね?

命に関わることなので、パネラーの興味を引いて、「神ギ問」に認定されました。

トンネルは長いものもあれば、短いトンネルもあります。
そして、短いトンネルは非常口が無いそうです。

まあ、非常口を通るよりも、出口のどちらかに早く逃げた方が良いとの判断でしょうか?

まあ、今回の疑問はどうやって逃げるかなので、短いトンネルに非常口が無いことは一旦調査対象から外した様です。

国内で長いトンネルをリストアップして協力を依頼したところ、3位の長さを誇る岐阜県にある飛騨トンネルが取材に応じてくれたそうです。

飛騨トンネルは、全長10.7kmの長さで、下り線に並行して避難トンネルが存在しています。そして、300m間隔に非常口が設置されています。

非常口には鍵がかけられていないので、誰でも開けて入ることが出来ます。

トンネルは、道路管制センターが監視カメラなどで24時間365日の態勢で監視しているそうです。

本線と避難トンネルは、2重の扉で区切られており、火災などによる煙りが避難トンネルに流れない様にしています。

また、非常電話も設置されていて、道路管制センターに24時間つながるそうです。

避難トンネルは普段ライトが点灯していませんが、非常時は避難者が安全に避難できるように点灯するそうです。

避難トンネルは、人だけでなく救急車や消防車も通れるように設計されている様です。

水の中を通っているトンネルは逃げるところが無いのでは?という疑問からアクアトンネルも調査したところ、本線の下に避難路が設置されている様です。

心配なのは強度ですが、東日本大震災の時にはほとんど影響はなかったそうです。ほとんどということは、何か影響があったということで多少気になりましたが、番組が取り上げてないということは些細なことなのでしょうね。

調査の結果、車道の脇や下に並行して走る避難路から外にでることでした。

今回は、非常に参考となる豆知識を得ることが出来ました。
日常生活でふと疑問に思っても、調べることもなく済ませてしまうことがあります。しかし、調べてみると役立つ情報もあることを感じさせられました。

オリエンタルリフ、文字でも想像できちゃうけど一応のせておきます~(。ˊᗜˋ。)

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム