テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

AKBINGO! 4/1日放送回・先輩メンバーから後輩メンバーへの熱血授業!

TV☆Writer

いいね1
うーん0
閲覧数265

今回は、先輩メンバーから後輩メンバーに対して、失敗談をもとに熱血授業を行いました。

オープニングトークが始まり、今回の収録には、SKE48の小畑優奈、後藤楽々、北野璃華も参戦しているということで、簡単に紹介されました。

その中でも、北野璃華は「狂犬北野」ということでAKB48メンバーに噛み付いたことが話題になっているみたいです。

狂犬メンバーといえば、 AKB48にも一人いました。

それは、AKB48の元祖狂犬である宮崎美穂です。
番組内では、「お前メークの時間長ぇんだよ!」と板野友美に言っていたというエピソードを話していましたが、過去の収録では柏木由紀にも「メイクの時間が長い」と毒舌を吐いていましたし、篠田麻里子には「ババア」と言っていました。

その宮崎から、「思った事は言った方がいい」と後輩メンバーへのアドバイスが出て、北野がさっそく思ったことを話していました。

その内容とは、楽屋が一緒だったということで、その楽屋での出来事でした。楽屋に入った時に、「おはようございます」と北野が挨拶をしたのに、AKB48メンバーからスルーされたそうです。まあ、グループには良く有りがちなことです。

「そのスルーしたメンバーは?」と聞かれて答えたメンバーは、元祖狂犬の宮崎美穂でした。

「これは作ったな?」と感じましたが、オープニングのつかみの話題としては良かったですね。

AKB48の16期生の18名が入場しました。

第一印象としては、16期生をこんなに大量増員して大丈夫なのかなと思いました。また、この大量増員から窺えるのは、現メンバーの中に次世代センターを任せられる期待できるメンバーがいないのかなとも感じました。

1時間目の授業は、宮崎美穂による「太りすぎてエース候補から転落した授業」です。

宮崎美穂は元々次世代エース候補と言われており、今で言うと向井地美音の立場にいたということです。その宮崎美穂の伝説エピソードが語られました。

研究生公演でセンターをやっていた時に選抜とかに入り初めて、研究生公演に出られないことがあったそうです。その時に宮崎美穂の代役として、高橋みなみが出たのに、ブーイングが出たそうです。
まあ、ブーイングは盛っている様な気がしますが、当時は宮崎美穂のファンが多くて、高橋みなみとユニット曲を歌っていても宮崎美穂の方がコールが多かったのは確かなことです。

その時に、16期生メンバーの浅井七海から「なぜ転落しちゃったんですか?」と素朴な質問が出ました。

転落した原因は激太りということで、その時の写真が公開されました。
写真を見て分かる通り、衣装の前ボタンが閉まらないほど太っていました。1年ぐらいで10kg太ってしまっていたそうです。

何故、そんなに太ってしまったかというと、どうも隠れてバカ食いしていたようです。センター候補ともなると周りからの期待や妬みなどいろいろありますから、それらなどのプレッシャーによるものでしょうね。

そして、宮崎美穂本人が太ってしまったなあと自覚した時の写真がこれだそうです。16期生メンバーが口を開いてしまうほど、別人の様に感じるほどの違いです。

太っていることを自覚した宮崎美穂は一生懸命頑張って体重を落としましたが、全盛期の時のファンが戻ることはなかったそうです。その時の若さ、フレッシュさ、タイミング、チャンスなどいろいろなことがあっての人気だったので、どんなに一生懸命頑張ってダイエットしても当時の人気が戻ることはないという体験からのアドバイスでした。

最後に、宮崎美穂から「アイドルは体重増えたら仕事減る!」という格言が発表されて授業は終了しました。

2時間目の授業は、入山杏奈による「変なキャラを付けて黒歴史を作らない授業」です。

今はクールビューティーと言われ、そのキャラが定着しているように感じますが、過去に変なキャラを付けていた黒歴史があるそうです。

それは、デビュー当時にアイドルらしいキャッチフレーズの方がいいということから、「いちごの国からこんにちは!」と言っていたことです。狂犬宮崎からは「めっちゃキモい!」、狂犬北野からは「ダサいですね!」と言われて、入山は撃沈していました。

メンバーのキャッチフレーズを一人一人披露させたところ、岩立沙穂は「やっほー!さっほー!」とファンとの声の掛け合いで、佐藤きあらは超普通のキャッチフレーズでした。

16期生メンバーの中で、キャッチフレーズがおかしそうなメンバーをリークさせたところ、浅井七海がピックアップされました。

その浅井のキャッチフレーズは、ファンに媚びてるということで披露してもらいました。
浅井が「あなたのハートを吸引したい!いつも全力ー!」と言ったら、ファンに「なーみーん!」と言ってもらうそうです。

このキャッチフレーズについて、入山杏奈からのアドバイスは、自分と同じ匂いを感じるので「即刻やめたほうがいい」というものでした。

番組の最後は、グダグダ感が否めませんが、全体的には先輩後輩のエピソードをバランスよく展開されていて楽しめました。16期生メンバーが幼い感じがしますので、時間を掛けてバラエティも学んでいく必要がある様に感じました。

それにしても、大島優子や高橋みなみの様に前々へとメンバーを巻き込んで引っ張っていく中心メンバーがAKB48には欠けていますね。そろそろ、そういうメンバーが出てきてもいい頃だと思いますが、期待して待つしかありませんかね。

宮崎美穂ちゃん、なかなかすごいキャラのようです

入山杏奈ちゃん、美人さんですよねー♡

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム