テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

クレイジージャーニー 4/13日放送回・究極のこだわりに迫る番組

TV☆Writer

いいね0
うーん0
閲覧数305

この番組は毎回、教育番組ともいえるほど学ぶことが多く、内容の濃い特集を組んでいます。

なかでも、自然と関わって生きている人たちが紹介されることが多く、彼・彼女らのこだわりが感じられ、これらの道を目指す人たちにとって参考になるものだと思います。

今回の特集では、犬ぞりの聖地であるカナダへ移住しマッシャー(犬ぞり師)をしている日本人女性「本多有香さん」が番組に出演されました。彼女を番組内で拝見すると、少し人嫌いなように思えましたが、それは飼い主である本多さんにどこまでも忠実な犬たちと暮らしていることと関係が深いように思います。

引用元:https://www.youtube.com/

彼女が暮らしているのは、最低気温がマイナス40度にもなるカナダ極寒の地。そんな厳しい環境の中で、犬たちを飼育する暮らしは楽ではありません。オーロラが見られる地としても有名ですが、自然は美しいだけでなく、厳しさがつきものです。それでも、木が生い茂る広い土地にたくさんの犬たちを飼う姿は、大変さの中に人間としての生きる原点を見出すことができます。

都会での忙しない暮らしや、情報で溢れる余裕のない社会とは異なった自由がそこにはあり、そして不便さがあります。

彼女の暮らしは全てが手作りです。自分が暮らす小屋、そして犬を運ぶ「ドッグボックス」、お風呂など男性も顔負けの作業をしていることが分かります。犬たちを「ふん」を運んで捨てることをはじめ、日々の生活を犬中心に据えています。

引用元:https://www.youtube.com/

そんな彼女は独身です。生計はアルバイトで立てていますが、犬たちにかかるお金を捻出するのが大変そうでした。

もちろん、結婚すればそんな苦労もせずにすむでしょう。そんな彼女も生計のために結婚を考えたことがあると言います。ですが、彼女は自分の力で全てを賄いたい、そんな性格の持ち主のようです。

マッシャー同士の結婚は、犬のことでケンカになり離婚してしまうケースが多いとか・・それも分かるような気がします。マッシャーたちにとって、手塩にかけて育てた我が子は他の犬とは比べものにならないでしょう。

結婚すること意外にも、幸せな生き方があるのだということを気付かせてくれます。

引用元:https://www.youtube.com/

犬ぞりの練習を通して、そして日々の生活を共にすることによって、犬と人間との間には強い絆が生まれます。信頼関係があるからこそ、犬はレース中も飼い主に忠実であり、がんばり続けるのだと思います。その健気で素直な姿は人間以上だと思えるほどです。

マッシャーたちはその素晴らしさ、感動、達成感、そして他にはない魅力を知っているのだと思いました。苦しいし、辛い、けれども辞めないのはそんな理由があるからこそでしょう。

引用元:https://www.youtube.com/

このレースはとても過酷です。犬ぞりで走る距離は地図にあるとおり、アメリカ・カナダをまたぐ総距離1600㎞になります。

トイレはレースの走行中に済ませるといいます。やっとの思いで休憩地点に到着するやいなや、マッシャーたちは犬の世話を真っ先に行うのです。「人間の力ではなく、犬たちの力によってここまで走ってこられた」という考えがあるからです。そんな絆があり、そんな相互関係があるのだということに衝撃を受けます。

マッシャーたちには、用意された簡易的なスペースでほんのつかの間の休息をするのみです。

引用元:https://www.youtube.com/

レースは夜通し行われるため、犬たちと野宿をすることもあります。グリズリーという巨大な熊がいるカナダの地で、野宿をするのは勇気がいることでしょう。とはいえ、飼い主に忠実な犬たちが付いているから安心なのかもしれません。

また、そんな恐怖心も忘れるほどの疲労感があると思います。実際、彼女は自宅付近でグリズリーに遭遇したことがあるといいます。その時は、グリズリーより大きて強いというアピールを体全体で示し退散させたそうです。

このような判断を女性が瞬時にできるものでしょうか?
やはり、彼女は「すごい人」なのだということを感じずにはいられません。
「自然の中で生きる」ということは、そんな覚悟が必要なのです。


寒さにも負けない強さもその1つです。

引用元:https://www.youtube.com/

レースでは、悪天候に見舞われることもあり、ホワイトアウト現象によって、一寸先が見えないという危険も伴います。そんな中は犬たちが走り続け、本多さんも共に前へ進みます。

「前へ進む」そして「ゴールを目指す」という競技には、マラソンなどさまざまなスポーツ競技がありますが、これらに共通していることは「途中で投げ出さない」という根性と気力を試すということがあると思います。そして、犬ぞりレースにしか味わえないものとしては、動物と人間とのコンビネーションです。

引用元:https://www.youtube.com/

この番組を見て、自然や環境、動物・生き物と関わる仕事をしたいと考えている人はその過酷さを知り、またその魅力を知ることができるでしょう。

キレイごとだけではない中にも、そこでしか得られない感動や喜び、充実感が伝わってきます。そして、そんな経験が出来る人は、内側から溢れ出る魅力を持っており、周りに流されず自分を持ち続ける強さも身に付けた人であるように映るのです。

日本でも犬ぞり体験ができるみたい!チャンスがあればやってみたい~ヾ(。>v<。)ノ゙

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム