テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

欅って、書けない? 4/10日放送回・番組やメンバー、mcへの要望などをハッキリさせとこう!

TV☆Writer

いいね0
うーん0
閲覧数238

今回はデビュー1周年企画ということで、「この際だからハッキリさせとこう!」の前半戦です。

デビューしてから1周年たったということで、この際だからこそ今後やりたいことを聞きながら、番組やメンバー mc への要望なども聞いておこうというものです。

それぞれの要望に対して、土田が「前向きに対処」「要検討」「却下」の3段階でジャッジします。

一つ目の要望は、志田で「モニタリングみたいな企画をやりたい!」ということです。

内容としては、学校や街に潜入して、自分を発見してもらえるか、スリルを楽しみたいという気持ちと、自分の知名度を知りたいという欲求から来ている要望の様です。

土田は結構乗り気で、欅坂の曲がかかったらメンバーが突然踊り出して、メンバーだと気付くかドッキリ企画として有りだとフォローします。しかし、モニタリングのパクリであり、しかも「モニタリングみたいな」と言ってしまっていることから、二番煎じを澤部に指摘されてしまいます。

結果としては、モニタリングのパクリだとしても、訴えられることは無いでしょうと「要検討」となりました。また、土田は欅坂の兄貴として、ちゃっかりメンバーをモニタリングで使って欲しいとアピールもしていました。

二つ目の要望は、平手で「みんなで海外ロケに行きたい!」ということです。海外ロケとなると、選抜メンバーからロケに行けるメンバーが限られるので、ガチ対決企画とのコラボになりそうですね。

この要望に対しては、土田の個人的な要望もあるみたいで、絶対に行きたいという思いが前面に出ていました。しかし、乃木坂も海外ロケに行っているので、欅坂もシングルCDのプロモーションで海外ロケもありそうだが、番組での単独ロケは無理そうです。

結果としては、今のところは「前向きに対処」となりました。

三つ目の要望は、小林で「メンバーが小声で何を言っているのか知りたい!」ということです。これは、案外みんな小さな声でボソッと面白いことを言ったりしているので、ピンマイクをつけて後で何を言っていたのかを聞いてみたいとの要望らしいです。

土田の判断としては、ピンクマイクを付けた段階でしゃべらなくなるので、結果としては、初めての「却下」となりました。

四つ目の要望は、土生で「得意のゲームでみんなを驚かせたい!」ということです。

ゲームが本当に好きらしくて、今までに無いくらいよく喋ります。そこで、どのくらいの腕前か見るために、志田と対戦することになりました。

対戦の結果、圧倒的な強さで土生が勝利しました。

そして、一度対戦が見れれば十分ということで、企画としては「却下」となりました。確かに、ゲームの対戦実況は、テレビ番組では視聴者が限定されてしまうので、ありえませんね。

五つ目の要望は、上村で「成人メンバーでの企画をやりたい!」ということです。成人を迎えたけど、大人っぽいことをしたことが無いらしく、大人はどんなことをするのか知りたいみたいです。

菅井からも「成人メンバーがお酒を飲んだらどうなるかは気になります」という意見も出ました。さらに、菅井からは「競馬場に行ってみたい」との要望も出ました。

土田の判断としては、大人ツアーということで成人を迎えるメンバーで企画を前向きに検討するのも有り、ということで「前向きに対処」となりました。

六つ目の要望は、菅井で「選抜発表の空気を軽い感じにしてほ欲しい!」ということです。

選抜発表の時の空気感が恐いということからの要望らしいです。そこで、メンバーのその気持ちは分かるという事で「要検討」となりました。

七つ目の要望は、佐藤で「席が端だと話に入れないのですがどうしたらいいですか?」ということです。

要望というよりも、お悩み相談みたいになってしまいました。とりあえず、声を大きく話すようにアピールした方が良いとのガチアドバイスが土田からありました。また、MCの位置を笑点のオープニング風に、メンバーの真ん中にしてみるという案も土田から出ました。

学校でも、会社などでも、席についてはいろいろ問題が起きますよね。しかし、その問題を自分で解決しないと改善されないもの、芸能界ではなおさらのことですね。この要望から、佐藤は芸能界で生き残れるかな?と疑問を感じた方は多いかと思います。

八つ目の要望は、梨加で「椅子に背もたれが欲しい。出来ればソファーがいい」ということです。

マイペースな梨加らしい要望ですね。そんな要望に応えて椅子を用意したらしいです。

意図的なのか、たまたまなのか、椅子が小さくて、チョコンと可愛いく座る梨加、そこに、土田の指示ですかね?ベテラン風に座って、自分のキャラじゃないと照れてるところが可愛いく感じました。

土田の判断としては、「前向きに対処」ということになりました。毎回、梨加だけ椅子が違う様にして、みんなで楽しむということらしいです。梨加は比較的メンバーにも愛されている様で、いじられキャラとして定着して来てますね。

番組としては、MCがメンバー全員に極力触れる様にしている優しさは感じますが、内容の薄さを感じました。結成されて一年経ったことで、メンバーのキャラや立ち位置が少しずつ出て来ていますが、まだまだこれからという感じですね。

ベテラン風座り、よかったですね♡

もっと大声だしていこー!(o´艸`)

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム