テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

警視庁いきもの係 第3話・新鮮!動物の知識で事件解決&マニアな動物愛が学べる

TV☆Writer

いいね0
うーん0
閲覧数263

刑事ものって今までも
たくさんのドラマが
放映されてきました。
あまり多すぎて
「またこのパターンかあ。」と
思ってしまう時もあります。

でもこのドラマ、毎回
動物が事件解決の
糸口になるとか。
新しい切り口です。
これなら
最後の事件解決の時に
「またこのパターンかあ。」と
ここまで見て損した
気分にならなさそう。

それに軽い
コメディドラマと思ったら
俳優陣が超豪華。
主演の渡部篤郎さん。
歳を重ねて渋さが増して
若い時より魅力的。

演技派のでんでんさんと
寺島進さん。
イケメンの三浦翔平さん。

「あぶない刑事」で
はじけていた
浅野温子さん。

この俳優陣見ただけでも
おもしろそうな
予感がします。

「ヘビ、
出しちゃってるじゃん。」
「ハンドリングです。」

今回はヘビが主役。
ちなみにハンドリングとは
手のひらや腕に乗せて
遊ばせること。
こういうマニアックな言葉も
勉強できそうです。

浅野温子さん。
ドレ―ドマークだったロングヘアを
ばっさり切っておられます!
でも相変わらずの美貌。
NHKでアナウンサーされている
成人した息子がいるとは思えない!

そして三浦翔平さんの
イケメンも衰えなし!

でんでんさん登場。
警察OBでいきもの係に入り浸っている
二出川昭吉役です。

捜査一課の石松に頼まれて
須藤と薄、弥生は
自殺した山脇の部屋を訪れます。
山脇のペットのヘビを保護するためです。

動物好きの薄とヘビ好きの弥生は
山崎のヘビを見てテンション上がります。

「筋肉ムキムキでかっこいい」
「巻かれてみたい」
「つぶらな目」「皮の感触がたまらない」
ヘビの萌えポイントも学べました(笑)。


「こんなにヘビに愛情を注いでいた人が
ヘビを残して自殺するでしょうか?」と
薄が疑問を投げかけます。

ケージの蓋が開いていた、
観察日誌の写真の
ヘビの目が白濁しているので
脱皮しているはずだが脱ぎ捨てた
皮がない→誰かが持ち帰った。
薄は山脇に
ヘビ友がいたと推理します。

ヘビについて語り合う友達
=ヘビ友。
だんだんヘビについて
詳しくなってきました。

その旨を伝えられた石松にも
ひっかかっていることが
ありました。

山脇が亡くなった
とされるのが6月15日。
浜辺で遺体が
発見されのが6月19日。
でも6月17日に
山脇の目撃証言があるとのこと。

イケメンの刑事姿って
なんでかっこいいんだろう。。。。(笑)

須藤はかつて捜査一課所属でした。
でも頭を拳銃で撃たれて
いきもの係へ。

彼にはその一課での
記憶がありません。
でもまわりには、
そのことを隠しています。

渡部篤郎さんって
スタイリッシュな俳優さん。
でもこんな古風な
居酒屋も似合います。
でんでんさんは
言うまでもなく(笑)

時効直前にせまった
10年前の強盗殺傷事件を
捜査中の一課。
食い逃げ事件の現場から
10年前の事件の犯人と
同じ指紋が検出されました。
日塔はやる気なし。
目撃証言も指紋の件も
「見間違いじゃない?」
捜査せーよ!

返す返す
石松、かっこいい。。。。

日塔は須崎を疎んじていますが
薄には恋心をよせていて
その分かりやすい態度に
笑ってしまって
憎み切れない(笑)


山脇の浴室カーテンから
血痕も見つかり
うつ病だった山脇は
自分で睡眠薬を飲み
トイレに行って
浴室でコケて
頭を打って死亡したと
分かります。

その山脇を
誰かが海まで運んだ。。。。
誰が?
何のために?

薄は
「なるほど、そういう事か。」
と謎が解けたよう。
「ヘビが教えてくれました。」

薄巡査って最初は
ルックスも平凡だし
ちょっと見栄えしないなあと
失礼ながら思ってましたが
よく見ると可愛い。
正統派の可愛さというか。
どこにも嫌なところがなくて。

ヘビ専門店に毎日夕方に
来る人がヘビ友っぽいので
須藤と薄は張り込みます。

その人物が店に入るのを
見届けた2人は
山脇とペットのヘビについて
大きな声で店主と会話。

案の定3人の会話を
しっかり聞いている人がいます。

かまをかけた2人は
そのヘビ友がやってくるとみて
山脇の汚部屋に潜んでいます。

待ち伏せ中も
動物愛が強すぎる薄は
夜行性のヘビを
見に行きたくて
うずうずしています。

どんだけ動物が好きやねん(笑)

予想通り
山脇の部屋に誰か入ってきました。
しかも隠れている2人の前を
気付かずに通り過ぎていきます。

なぜ気付かない?
というところは
大目に見るところ(笑)

「安心しろ。停電は嘘だし
ヘビはスヤスヤ眠っている。」
「須藤さん、ヘビは夜行性なんで
起きてますよ」
「たとえだよ、たとえ!」

こういうシーンにも
笑いを持ってくるあたり
センスいいな、と思います(笑)。

須藤はその男に
10年前の強盗傷害事件の
犯人の指紋と
ヘビ専門店で採取した
男の指紋が一致したと伝えます。

この男が指名手配中の
菅野大作でした!

顔、変わり過ぎ!(笑)
この指名手配写真も
お人好しそうな顔。
しめいて写真にしては
すごみが足りない(笑)

「この日塔始が逮捕する。」
手柄は日塔が
かっさらっていきました。

「お手柄だなあ、お前たち。」
須藤の元上司・鬼頭から
褒められる2人。

寺島さんが、
警視庁のえらいさん!
これまでは捕まりそうな
やくざっぽい役が
多かったのに(笑)

でも寺島さんの警察官も
いけます!

山脇が飼っていたヘビ・ボアは
菅野が譲り受けることに
なっていました。
ボアを飼うには
飼育許可証を
申請する必要がありました。
指名手配中では申請できません。
時効になるまで
事故死した山脇の
遺体発見を遅らせるために
菅野は山脇の遺体を
発見されにくいように
海へ遺棄したのでした。

恐るべきへび愛!

菅野が食べた同じテーブルで
食い逃げ犯が食事したため
菅野の指紋が取られた
というオチ。

刑事ものではよく見る
都合良過ぎる
偶然の一致ですが
新鮮さを感じる
パターンです。

そして
鬼頭に呼び出された石松。
2人は須藤の記憶が
あやふやなことに
感づいていました。
そして鬼頭が石松に
須藤のようすを監視するように
命じているようです。

1話完結ながら
こういう全話を通して
解明されていく謎が
あるのもいいです!
気になる!

そして自ら
逮捕された須藤の飼っている
ヘビを保護しにいく須藤。
須藤にも
動物愛が沸いてきているようです!

あまり期待せず見ましたが
見出したら予想以上に
面白かったので
また見ようと思ってます!

8/13夜8時まで!超特急メンバーを当てて豪華賞品もらえるチャンスが♡

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム