テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

ゴッドタン 10/28日放送回・なんでもデキる川島明を再確認

TV☆Writer

いいね0
うーん0
閲覧数33

2017年10月28日放送回のゴッドタンでは、上品芸人ハメ外しクラブ2017と言う企画が放送されていた。

この上品芸人ハメ外しクラブと言う企画では以前の放送時にも麒麟の川島明を起用していたが、今回また改めて麒麟の川島明がこの企画に採用されていた。まずもはやその時点で麒麟川島のユーリティリティぶりを証明していると言えるだろう。

そもそもこういう企画では、同じ芸人が改めてその企画に採用されるということは、そうそうないように思う。一回見てしまっている分、また改めてその人が起用されたとしても、それはやはり想像の範疇を超えてないからだ。

ただ麒麟川島はまた起用されていた。その理由はやはり、それの範疇を超えなくてもしっかりと笑いがとれることが計算されているということと、その範疇を超える可能性が高いと言えるからだろう。

実際川島は今回もしっかりと結果を出していた。それはもはや、一緒にゲスト出演したハライチ澤部が不憫になるくらいには。

ハライチの澤部も、基本的にはユーティリティなプレイヤーだと言えるだろう。

基本的にはツッコミの芸人ではあるけれど、ツッコミだけではなく、ボケで笑いをとることもできる。そして何よりMCとして回すことも出来るくらいに周りも見れていて、コメント力もある。芸人としての使い勝手の良さはトップクラスだと言えるだろう。

でもそんなハライチの澤部を持ってしても、今回の上品芸人ハメ外しクラブでは、結果を出すことが出来ないでいた。それはひとえに川島の方が芸人として澤部よりも上だという事を証明したと言えるだろう。

川島の能力の高さは、まず冒頭から感じた。まず最初のコーナーは、アンケートに対してハメを外して回答するというコーナーだったのだが、まず澤部が見せたのは、下ネタの回答だった。

確かにそれはそれでハメを外しているとは言えるが、そういう答えが欲しかったわけではないのだと思う。少なくとも視聴者としてはそういう答えが欲しかったわけではない。

確かに下ネタの回答は、する人によってはすごく面白かったと思う。たとえば普段下ネタのイメージがない方がしていれば、それはそれで面白かったのだろう。博多華丸大吉の大吉さんとかがそういう下ネタの回答をしていれば、もう少しましだったはずだ。

しかしこの解答は澤部の回答。澤部では、別に下ネタの回答をしても特に意外性はない。そもそもそこはかとない童貞感が売りだったわけだから、そういう方が下ネタの回答をしたところで、まんまなのだ。それではハメ外しとしてはいまいちだろう。

たいして川島が見せたのは、アンケート中でスタッフに対しての普段の愚痴をボロカスに言うという回答だった。それはまさに満点の回答だろう。

確かに視聴者としては共感するところはすくない回答ではあった。しかし、普段は真面目な顔でコメンテーターをしているような上品な芸人である川島が、汚い口調でしかもスタッフを罵るというのは、すごく意外性に富んでいた。そんな風な意外性を見せられてしまうとこちらとしても、やはり笑えてくる。

このように川島は、番組の制作側の意図を組んで、限りなく正解に近い答えを出すのがすごく上手い。たとえば何年か前某ラジオで、即興ラップに挑戦させられていたが、その際にもしっかりと韻を踏んだりして、出来ないはずの即興ラップをこなしていた。そしてそこでもきっちり笑いをとっていたのだ。

なんでもできる器用な芸人であることは間違いない。でもそれは当然、しっかりとした準備の上に成り立っているのだろう。それは、番組最後のコーナーでも発揮されていた。

番組の最後のコーナーは、ひな壇からハメを外しまくるというコーナーだったのだが、川島はそこでも澤部に口を挟ませないくらいにハメを外していた。

澤部もなんとか口を挟もうとしていたのだが、それにはやはりリサーチ不足、準備不足の感は否めなかった。だから、何かを言おうとしても上手く出てこないのだ。

それに対して川島は、たとえば小木に対しては、ゴッドタン以外ではパッとしないと強烈なイジりを加えたり、あるいは劇団ひとりに対しては、キャンピングカーで一人でごにょごにょしていると、暴露をしていた。それは、しっかりとリサーチしていないと出来ないことだろう。もちろん、初めてこのコーナーに出たわけではないというアドバンテージもあった。

しかし、たとえ何回かこのコーナーに出ていたとしても、川島以外であればこうもしっかりとリサーチしてきただろうか、そしてしっかりとソレを結果につなげられていただろうか?それはおそらくそうはならなかっただろう。そもそもある芸人としての実力に加えて、そうしてしっかりと準備をするという真面目さがあってこそのたまものだ。

いずれにしても麒麟川島は、出るべくしてテレビに出ている人であることは間違いない。これからますますMCの番組なども増えていってほしいと感じる数少ない芸人の一人だと言える。

川島さんの情報チェックしておきたいよね♪

田村さんといっしょに出演してるとこも観たいな~(*´艸`*)

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム