テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

直撃LIVEグッディ 11/8日放送回・「ミタパンにおまかせ」していいんじゃないの。

TV☆Writer

いいね0
うーん0
閲覧数43

午後の情報番組はいくつかありますが、CBC・TBS系のゴゴスマの評判が良くなっているという話を最近ネットで見ました。この時間帯の長寿であるミヤネ屋、あるいはCX系のグッディを嫌う層があってその層がゴゴスマに流れているそうです。ゴゴスマは他番組よりもアクが少ない、そんな記事だったように記憶しています。

筆者個人としては、このコラムで過去に書きましたが東海ローカルではなくなったゴゴスマを評価していないのが正直なところです。他局とやっていることが同じ、もしくは特定の政治家の動向にだけ執着過多になったと思えましたし、地元情報目白押しの頃が良かったともう帰ってこない日々を懐かしむ一人なのです。

さて、今日は『グッディ!』を視聴しました。

この手の番組では前半を重苦しく感じる視聴者も多くおられるでしょう。今日のグッディはタクシー運転手への客の暴行、不倫問題渦中の政治家がその不倫相手を雇用した話題で前半を消化し、後半ではトランプ大統領のアジア歴訪を伝えます。

その後、『ピカッとNEWSボード』のコーナーに変わり、ようやく緩い空気が流れてきます。

この日は中国で激化する出前競争の話題からスタート。日本では出前は店舗の従業員が行うのが多いかと思いますが、中国では運送業がそれを肩代わりしているそうです。

歩合制ということもあり、何とか出前回数を増やそうと無理な運転をしたり、壁をよじ登ったりするとんでもない行動に出たり、

料理の出来上がりが遅いことに業を煮やしたドライバーが自ら鍋を振る場面もあります。さすがにこのドライバーは会社から「お前は料理人じゃない、ドライバーだ」と叱られ、あげく解雇になったとか。

客からのイメージアップも稼げる手段になるそうで、出前を受けた客がドライバーを5段階評価するシステムがあり、そこで高評価されるドライバーに対して仕事の発注が多くなるというのです。つまり、仕事が増える=稼ぎが増えるわけ。

これを狙って客の車の修理をかってでるドライバーも出ます。四苦八苦するドライバーの傍らで出前された料理を立ち食いする客。予期せぬ立ち往生の為でしょうか、何でそんな所で食べるの?と言いたくなるシーンです。

客が離席している間、代わりにマージャンをするドライバーもいます。こういうことなら多芸・多趣味な人は有利ですね。

やり過ぎと思えることもありますが、サービス向上という意味では客は大きな恩恵を受けていると言ってもいい、そんなことも考えられます。

しかし、過剰な競争が生む負の面もあるのです。

やはり、交通トラブルがその最たるもので、信号無視等ルールを守らない故に事故を引き起こしたり、引き起こすだけでなく被害者を置いて逃走する輩も出ます。

国に関係なく安全運転でお願いします。

さて、グッディでは進行キャスターという肩書きで出演している三田友梨佳アナウンサー。ミタパンの愛称で親しまれています。

この週は気象情報コーナーも担当しました。いつもは寺川奈津美さんという気象予報士がこの場を担当しているのですが、今週はお休みというわけで三田アナの代打登場となっています。

寺川さんはグッディの前にはNHKの夜のニュースに出ていましたが、その時と比べて喋りがヘタになった?と感じます。NHK時代にはそんなことは無かったのですが、グッディでは言葉遣いがおかしいと言いますか変な癖を持ったと思いますし、スムーズに喋れない場面も時折見られます。

おそらくは、NHKは事前に原稿を完璧に準備してその通りに忠実に読むというのが基本線。一方、グッディは喋りの自由度を高める、それによりライブ感を増す、そういう方向で寺川さんもその場その場で自由に喋れる環境となったが、それがかえって拙い結果に出ているのではと推測しています。それに、彼女が気象情報を伝える、その画面外から共演者がよく話しかけて喋りを遮るというのも度々あってそれも影響しているかと。

さて、三田アナの気象コーナーですが、最新の状況を伝える為に事前の原稿読みをこなせていないこともあるのでしょうか、ちょっと噛む場面もありました。しかし、全体としてはさすが局アナさんです。明瞭な声でわかりやすく聞こえました。

局アナさんできちんと気象情報コーナーが成立するのだから、ミタパンがお天気お姉さんのままでもいいのではと思ったりします。

今日は放送中に立て篭もり事件の警察突入やヘリ事故など速報が複数ありましたが、それらへの導入部分を担当する三田アナは落ち着いてアナウンスしていました。

三田アナはグッディの前はめざましテレビが主な担当番組の一つでしたが、グッディに移ってからは、見た目の清楚さも増して(お気に障ったらごめんなさい)、めざましの時よりも更に良くなったと思います。2時間強の放送枠の中でコーナーとコーナーの橋渡しを務めたり、時事の話題にコメントを求められたりもしますが、ソツなくこなしている印象があります。

番組に対する良くない評価には、出演者の好き嫌い、視聴者基準の合う合わない、そういったものも大きなウエイトを占めているのではと思います。その点では現在の三田アナは好印象を多くの視聴者から貰えるでしょう。

一つの番組の舵取りを任せられる、三田アナが本格メインとなる日も期待できそうです

美しいだけじゃない!アナウンサーとしても素晴らしかったですね♡

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム