テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

世界くらべてみたら 1/18日放送回・日本の冬には欠かせない鍋。では世界の「温まる料理」って?

木地かくと

いいね0
うーん0
閲覧数371

寒い時期には暖かいものが恋しくなる…冬はやはり鍋などのアツアツ料理が人気ですよね。

今回のテーマは「寒い時に食べたくなるものは?」です。

日本人の回答の定番は、やはり「鍋」。

鍋というと、自宅で家族全員で囲んで…というイメージがありますが、最近ではお店でも鍋を出しているところが多いですよね。

むしろ一人用鍋も増えており、それ専用の一食分の食品まで売られています。今や鍋は1人でも楽しめる料理ということですね。

そんな鍋のいいところは、やはり色んな種類があるところです。

インタビューで挙がったのはキムチ鍋や水炊きでしたが、最近では美容に良いコラーゲン鍋や豆乳鍋なども人気がありますね。

バリエーションが沢山できるほど鍋はメジャーな料理ということになりますが、その他にも「おでん」や「肉まん」といった名前も挙がっていました。

個人的にはラーメンもアリじゃないかと思いますが、ラーメンの場合は年中無休で人気かもしれません。

美食の国フランスでこの質問をしてみたところ、「ブフ・ブルギニョン」という答えが返ってきました。

これはワインで肉や野菜を煮込むという、フランスらしいお洒落な料理です。

見た目はビーフシチューのような感じで、なんだかお店で出てきそうな雰囲気ですが、これはれっきとした家庭料理だそう。

日本でいえば肉じゃがみたいなものかな?と思っていたら、正にそう紹介されていました。いわゆる「母親の味」だそうです。

日本では料理に日本酒を使いますが、フランスではそれと同じ感覚でワインを使うんでしょうか?もうワインというだけでお洒落に感じてしまいますね。

また、若者の答えは「ラクレット」で、これはチーズを溶かしながらじゃがいもやハムなどの具材にかけて食べる料理だそうです。

そういえば日本でも名前を聞いたことがあるような気がしますね…!それにしても、トロトロのチーズを見ているとヨダレが出そうになります。

チーズ料理といえば、最近ではチーズタッカルビが流行っているようですが、以前からチーズフォンデュなどのとろとろチーズ料理は人気ですよね。

どれもこれもチーズ好にはたまりませんが、それだけ大量のチーズを手にいれるにはなかなかのお値段がかかります。

番組で紹介されていたラクレットのお店は、約3000円でチーズとじゃがいもが食べ放題だそうです。しかもチーズは8種類!羨ましいです…!

ちなみに、チーズは体を温める効果がある陽性食品。冬に食べるにはちゃんとした理由があるのですね。

お次は寒いことで有名なロシア連邦。ロシアで同じ質問をしてみたところ「ボルシチ」という回答がほぼ100%だったようです。ボルシチは日本でも有名ですよね!

しかし本場ロシアのボルシチは、日本で手に入らない野菜を使用しているそう。

それは「ビーツ」という赤い野菜で、大根とにんじんと玉ねぎの中間のような味をしていて栄養満点とのこと。

実際にスタッフがあるご家庭のボルシチを食べさせてもらっていましたが、よほど体が温まるのか、汗がだらだらと流れていました。

このボルシチとウォッカを交互に味わうのがロシア流とのこと。これは本当に体が温まりそうですね!

個人的には、ボルシチの上にのせていたサワークリームが美味しそうだなと思いました。

ロシアにはもっと寒い地域があり、-36°の街では回答が少し違っていました。その街では、寒いときに「ストロガニナ」という料理を食べるといいます。

一体どんな料理かといえば…なんと凍らせた刺身や肉!しかもその身には氷までついています。全然温かくない!

しかしこれにも立派な理由がありました。

この土地は永久凍土で野菜が育たないため、栄養は肉頼りになるとのこと。その肉を煮たり焼いたりすると栄養が落ちてしまうので、最も新鮮である「冷凍の状態」で食べるというのです。

つまり、これはとても理にかなった料理ということになりますね。

ちなみに、食後のおやつにはやっぱり冷たいアイスクリームを食べていました。気候が違えば事情も違ってくるのですね。

それでは逆に、熱い国ではどうでしょうか?

30℃以下だと肌寒く感じるというタイ王国で同じ質問をしてみたところ、「ムーガタ」という答えが返ってきました。

これは日本でいう焼肉と鍋をいっぺんに楽しめる料理で、特徴的な丸い容器の縁に入っているのは鶏のダシだそう。正に一石二鳥の料理ですね!

ちなみにこのムーガタ、食べ放題では1人1400円ほどで食べられるそう。

日本の焼肉食べ放題でも同じような値段の店がありますが、さすがに鍋を一緒に食べることはできないですよね。これはちょっと羨ましいです。近所にあったら確実に食べに行きますね!

タイでは「カノムクロック」という屋台料理の名前も挙がりましたが、これはたこ焼きそっくりの料理でした。

作り方も見た目もソックリですが、中身はクリーミーでココナッツ味だそうです。米粉で作られているあたりがタイっぽいですね。

これはぜひコンビニのホットスナックとして販売してほしいです。

タイで名前が挙がったこれら二つの料理は、共に甘口で、タイ=辛い料理というイメージを覆すものでした。

一体なぜなのか聞いてみたところ、寒い時に辛い物を食べると汗が出てさらに寒くなるからだそうです。だから甘口の物を食べて暖まるのだとか。





それぞれの国の「温まる料理」が紹介されましたが、個人的にはやはりラクレットが印象深かったです。寒い時に食べるというよりむしろ年中無休で食べたいくらいですね。

最近は、手軽にワインを楽しめるところやワイン飲み放題のお店も増えているので、チーズも食べ放題が増えれば良いなと思います。

手軽に鍋が楽しめる(*'ω'*)

みんなのコメント待ってます!

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム