テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

anone 第3話・ハリカを抱きしめる亜乃音に感動!!そして登場人物がみんな不幸すぎてツラい

原口良子

いいね0
うーん0
閲覧数152

辻沢ハリカ(広瀬すずさん)は親に見捨てられて、ずっと孤独に生きてきた少女です。遺品整理の仕事をしながら、ネットカフェで生活しています。

SNSで親しくなったカノン(清水尋也さん)の症状を知ったハリカは、高額な治療費を手に入れるため、林田亜乃音(田中裕子さん)の印刷所で働かせてほしいと頼みます。

亜乃音は印刷所は今は経営していないからといって断りましたが、ハリカが発見した亡き夫のデジカメ画像をきっかけに、娘の青島玲(江口のりこさん)がガソリンスタンドで働きながら1人息子を育てるシングルマザーになっていたことを知ります。

亜乃音はハリカに娘や夫の話をしているうちに、ハリカのことを放っておけなくなり、家に泊めて掃除のバイトとして亜乃音を雇うことにします。

第2話でハリカはパジャマと布団を与えられ、亜乃音と楽しくご飯を食べる時間に、生まれて初めての安らぎと幸せを感じます。

亜乃音もそんなハリカに愛しさと親しみを感じている姿がとても微笑ましかったです。

ハリカは亜乃音のために頑張ろうと張り切っておつかいに出かけますが、その留守の間に亜乃音が高額の現金を持っていると誤解している末期がんの男・持本舵(阿部サダヲさん)と、人生に不満を持っている青羽るい子(小林聡美さん)が亜乃音の自宅に忍び込んでいました。

ハリカは持本と青羽が住居内を荒らしているところに鉢合わせしてしまい、口封じに誘拐されてしまいます。

そして持本の店に連れてこられますが、そこには持本の幼馴染みの男・西海(川瀬陽太)が銃を持って潜伏していました。

西海は異常なほどハイテンションで明らかに様子がおかしく、「あ〜あ、人生終わっちゃったよ~」と、以前からムカついていた上司を銃で撃ってきたことを暴露しました。

ハリカを連れてきた理由を聞かれた持本は、亜乃音が高額の現金を持っていることを西海にバラしてしまい、西海はハリカを人質にして身代金を奪おうとたくらみます。

西海は青羽と持本も脅し、青羽を連絡係に指名して、亜乃音から金を持ってこさせるよう命令します。

持本はハリカを巻き込んでしまったことを気にかけ、何度も西海の隙を見てハリカを逃がそうとしますが、ハリカは自分だけ逃げたら持本が殺されるかもしれないと心配して逃げることができませんでした。

青羽は亜乃音にハリカが銃を突きつけられている画像を見せ、「放っておくとたぶん殺されると思います」と言って、一千万円を払わせることに成功します。

しかし、青羽は一千万円では足りないかもと嘘ぶき、他にも金ならあるのではと亜乃音に迫ります。

亜乃音は印刷所で偽札を印刷してみせ、番号も同じで透かしも無い、こんな偽札では使えないからと言いました。

青羽は亜乃音が持っていた高額の現金が偽札だったことを知って落胆しますが、現金の受け渡し前に、亜乃音が銀行から降ろしてきた一千万円と偽札で作った一千万円をコッソリすり替えてしまいました。

この青羽という女の身勝手さには本当にイライラさせられます。

第1話では自殺したいと言っておきながら、大金を目の前にして持本を巻き込み、今度は偽札と本物をすり替えて横取り。

金を確認するときに、偽札だとバレたらハリカの命が危ないってことがわからないんでしょうか?エゴイストすぎて、まったく感情移入できません。

亜乃音はハリカが娘と間違われて誘拐されたことに動揺し、「あの子に何かあったら…!」と青ざめ、ハリカが愛用しているスケボーを愛おしそうに見つめていました。

ほんのわずかな時間を過ごしただけなのに、ハリカを大事に思う亜乃音の優しさに胸が締め付けられます。

西海の指示で、亜乃音と青羽は橋の上から河川敷にいた西海に一千万円が入った紙袋を放り投げました。

金を受けとった西海は上機嫌で逃げていき、持本はハリカに「ごめんね」と謝ってから持本の後を追いかけました。

そこに、橋の上から必死になって走ってきた亜乃音がたどりつき、「良かった~~!!」とハリカを力強く抱きしめました。

途中、自分の靴が飛んでいくのもお構いなしで懸命にハリカの元まで走った亜乃音。亜乃音のハリカへの強い想いに心を打たれます。

「なんでお金渡しちゃったの?ごめんなさい、私、ただのバイトだったんだよ?」とハリカは、実の娘でもない自分を助けてくれたことに戸惑います。

亜乃音は「なんでだろうね…」と呆れたように微笑みました。

一方、西海は紙袋の中身が偽札だと知り、「何だよこれ!!いっつもこうだよ!死んでもいい!!」と自暴自棄になって自分の頭に銃を向けましたが、持本は必死になって西海を制止し、「死んでもいいっていうのは、生まれてきて良かったって時だよ、生まれてきて良かったと思えないうちは、まだ死ぬ時じゃない!!俺にはわかる、俺、末期がんなんだ…」と訴えました。

しかし、西海は「ウソをつくな!」といって走り去り、銃を持っているところをパトロール中の警官に目撃されてしまいます。

西海は「大丈夫、モデルガンだよ、弾出ないって」とへらへら笑って引き金を引き、その場に倒れました。

持本の末期がんは本当の話なのに、西海は自分のうまくいかない人生を悲観して自殺。生きたいと思っている人間の前で死を選択する最低な男です。

根はやさしいヤツなんだよ的なことを持本が言っていましたが、あまりにも自己中で言い訳ばかりで、最後までイライラさせられました。

そしてもうひとりのイライラさせられる人物、青羽はしれっと一千万円を持って逃走。持本を焚きつけておいて、いざとなったら自分だけというのがセコいです。

また、第1話から謎めいた人物として登場していた中世古理市(なかせこ りいち・瑛太さん)は、これまで他の登場人物とはまったく関係のない単独行動ばかりでしたが、今回初めて亜乃音の前に登場。

昔、亜乃音と亡き夫の印刷所で働いていた理市は、今は弁当屋で働いています。

弁当屋でクーポン券を作りたいと店長に頼まれた理市は、亜乃音に挨拶して印刷所を訪れますが、その時ひそかに偽札関連と思われる小型の機械を持ち去ります。

さらにラストで西海が自殺した時、都合よく一部始終を見ていた理市。西海が持っていた偽札の紙袋は理市が持ち去りました。

理市が偽札偽造について関わっているということだけはハッキリしましたが、これからどうなるのかは全くわからない状態です。

登場人物のほとんどが重い・暗い人生を負っていて、見ているとズッシリ来るものがありますが、それぞれの人物がどう関わっていくのか、今後も楽しみに見ていきたいと思います。

公式インスタもチェック( *´艸`)

番組に対する意見を聞かせてね♪

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム