テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

家政婦のミタゾノ第6話・ミタゾノのヅラが飛ぶ!えみりは超お嬢様だった?!

TV☆Writer

いいね0
うーん0
閲覧数510

TOKIOの松岡昌宏が普通〜の顔して女装で家政婦・三田園薫役を演じていると話題のドラマ「家政婦のミタゾノ」。

ミタゾノちゃんの家政婦のスキルは超一流で、エピソードの中に盛り込まれている他、家事テクのおさらいコーナーでそのテクニックが紹介されます。
かなり「使える」家事テク満載なので、まとめられている公式サイトも要チェック!!

一方でミタゾノちゃんはKGBかCIAかという恐ろしいほど冷酷なスパイのテクニックも身につけています。
そんな彼女(彼?)の手にかかれば、どんな家庭の秘密も暴かれてしまうのです!

秘密を暴かれた依頼人たちはこれまでと生活を変えざるを得なくなりますが、実はその秘密を抱えた生活よりも幸せになるというのがセオリー。
ミタゾノちゃんはそれをも見越して依頼人の秘密や嘘の生活を暴いていきます。

第6話では、いつもミタゾノちゃんと一緒にむすび家政婦紹介所から派遣されるえみりの正体が明らかに。

実はこのえみり、天真爛漫でひとを疑うことのないキャラクターだと思っていたら…実家に帰るシーンでビックリ!
これまで彼女が派遣されてきたお金持ちの邸宅以上に、お金持ち&由緒正しい家柄という雰囲気の大邸宅にたくさんの使用人が!

えみりはお嬢様で、両親から家政婦をやめて家に戻って結婚するように迫られ、家政婦を辞めようとしています。

そこに、えみりを指名する家政婦の依頼が…社長の結頼子は三田園を派遣しようとします。
しかし、中学校時代の恩師・金森八重子からの依頼であるのを見て、えみりはこれを最後の仕事にすると決めて仕事に向かいます。

金森先生の自宅に着くとそこにはすでに三田園がいて、一緒に働くことに。
先生の秘密を暴こうとする三田園と、恩師を守ろうとするえみりの家事バトルが勃発!

金森先生に三田園が怪しい人物だと気付かせようと、えみりは畑で農作業をする三田園のカツラを釣竿を使って奪います!
カツラは宙を飛びえみりの手元へ!!!!

と、いうかミタゾノちゃんはカツラ被ってても、丸わかりの女装で怪しさ満載だけどね…

三田園はとっさにカカシの日よけ帽子を取って被り、金森先生に気づかれることはありませんでした。

先生の留守中に書斎の中を家探しする三田園とそれを止めるえみり。
その姿を監視カメラで見ている先生。
定年退職の日が近づいてきて、かつての教え子・えみりの同級生たちが先生の自宅にやって来ます。
その教え子たちの様子を見て何かに気付く三田園。

退職と謝恩会の日に三田園は先生の携帯電話を拝借。
そこには、自宅の居間、書斎、そして畑の様子が映っていました。
それぞれの場所を徹底的に探す三田園、最後は畑をダウジングまでしてポイントを発見!
掘り起こすと、大金と、ディスク、写真が大量に詰められたスーツケースが出てきたのでした。

謝恩会の席で、生徒一人ひとりに「補導歴や整形前の写真のことをバラされたくなければ、今月の支払いを」と言って回る金森先生。
かつての生徒たちの過去の弱みを握って大金をゆすっていたという驚愕の真実が、三田園作成の思い出ビデオで明らかになります。

それでもえみりは「先生がこんなことをしたのは、息子さんが家を出て行って寂しかったから、みんなを繋ぎ止めたかったんでしょう?」と、先生を信じるのを止めません。
三田園はこの息子が母親に会いに行くように、裏で動きます。
息子が先生と仲直りできたのが、自分の功績だと思ったえみりは自信をつけ、1度は辞めるつもりだった家政婦を続けることにします。

金森先生も息子も幸せになれる道を開いたミタゾノちゃん。今回もグッジョブでした!

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム