テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

ひよっこ

NHK総合

笑い・楽しさ涙・悲しさが特徴的なドラマ番組です。

  • 笑い・楽しさ-
  • 涙・悲しさ-
  • 感動・共感-
  • 愛・温かさ-
  • 斬新・画期的-
  • 専門性・独自性-
放送時間
午前8:00~8:15
15分

イメージ評価

みんなの
スキ度

-

0人が回答

あなたの
スキ度

-

  • 笑い・楽しさ
  • 専門性・独自性
  • 斬新・画期的
  • 愛・温かさ
  • 感動・共感
  • 涙・悲しさ
  • 評価なし
  • 評価なし
  • 評価なし
  • 評価なし
  • 評価なし
  • 評価なし

みんなのイメージ

あなたのイメージ

番組オフィシャルサイト

番組内容

1964(昭和39)年秋。
東京オリンピックが目前に迫っていたが、谷田部みね子(17)は今ひとつ実感が湧かない。

みね子は、茨城県の北西部にある山あいの村・奥茨城村(※)で育った。
交通の便が悪いため、同じ関東なのに東京は遠い世界のように思える。
みね子の家は6人家族。不作の年に作った借金を返すために、父は東京に出稼ぎに行っている。

高校を卒業したら、農家の仕事を手伝って祖父と母に楽させてあげたい…。
そう思っていたみね子の人生は、お正月に父が帰ってこなかったことで一変する。

「お父さんの分も働いて仕送りします。東京に行かせてください」
東京に行けば、いつかきっと父に会える気がしたのだ。
2人の幼なじみと一緒に集団就職で上京したみね子は、墨田区の工場で働き始める。
初めて見る東京は、想像をはるかに超えた大都会で戸惑うことばかり。

低賃金に長時間労働。“金の卵(※)”を待ち受けていた現実に時々くじけそうになるが、
東北各地から上京してきた寮の仲間たちや舎監さんが心の支えとなっていく。

友人や仲間たちとの泣き笑いの日々の中で、
みね子はさまざまな出会いと別れを経験しながら試練を乗り越え、
見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく。

※金の卵…地方からの若年労働者。60年代“金の卵”の主役は、中卒から高卒になった。64年の流行語。

引用元:http://www.nhk.or.jp/

この番組のタグ(特徴)

ひよっこ

の評価

スキ度
笑い・楽しさ
涙・悲しさ
感動・共感
愛・温かさ
斬新・画期的
専門性・独自性
閉じる 評価する