テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

キャラとおたまじゃくし島

NHK教育

笑い・楽しさ涙・悲しさが特徴的なアニメ/特撮番組です。

  • 笑い・楽しさ-
  • 涙・悲しさ-
  • 感動・共感-
  • 愛・温かさ-
  • 斬新・画期的-
  • 専門性・独自性-
放送時間
午前10:15~10:20
5分

イメージ評価

みんなの
スキ度

-

0人が回答

あなたの
スキ度

-

  • 笑い・楽しさ
  • 専門性・独自性
  • 斬新・画期的
  • 愛・温かさ
  • 感動・共感
  • 涙・悲しさ
  • 評価なし
  • 評価なし
  • 評価なし
  • 評価なし
  • 評価なし
  • 評価なし

みんなのイメージ

あなたのイメージ

番組オフィシャルサイト

番組内容

かつて音楽の神が棲(す)む島と言われた「おたまじゃくし島」。
自然の風物がいつも心地良い“音楽”を奏で、生き物たちはそれを酸素のように吸って、生命のエネルギーとしてきた。その“音楽エネルギー”で生まれたのが、体の一部が楽器の、“ガッキアニマル”。彼らの奏でる音楽が、風で天に舞いあがると、神々(こうごう)しく共鳴し合い、圧倒的な生命のエネルギーが島に降り注がれるのだった。

しかし、突如あらわれた魔女によって、その平和な空気と調和は大きくゆがめられ、不安が島をおおい包む・・・

そこに、一人の少女戦士がおりたつ。彼女の名前は、“キャラ”。
まっすぐで好奇心旺盛、正義感にあふれるキャラは、世話焼きで、でもちょっと狡猾(こうかつ)なガッキアニマル、“カタカタ”とともに、聖なる音楽のエネルギーをとりもどすための冒険に出る。

カラフルな個性の生き物たちと、言葉を超えたコミュニケーションでつながり、心を通わせる中で、島にひそむ謎をひとつひとつ解きあかしていく。果たして“キャラ”は魔女を倒し、この島を再び音楽で満たすことができるのか?!

「ファイナル・ファンタジー」(1~3)の原作、脚本を手がけた寺田憲史、そして豊かな色彩感覚と斬新なデザインで“ハンドトーク“を表現する“絵描き”、門秀彦が描く、ハートフルで奇想天外なファンタジー・アドベンチャー。

引用元:https://www.nhk.or.jp/

この番組のタグ(特徴)

キャラとおたまじゃくし島

の評価

スキ度
笑い・楽しさ
涙・悲しさ
感動・共感
愛・温かさ
斬新・画期的
専門性・独自性
閉じる 評価する