テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

報道ステーション

尺:2時間

2018年07月11日放送回

放送時間:

テレ朝

出演者(今年のテレビ出演回数)

放送内容

  • 西日本豪雨・現場で見えた”復旧の障害”

    広島県福山市でため池が決壊する恐れがあるとして住民に避難指示が出された。広島県では72人が死亡、38人が不明になっている。岡山県では57人が死亡、18人が不明になっている。岡山県倉敷市真備町だけで新たに37人の安否不明者がいると発表したが、13人に修正された。岡山県倉敷市をゲリラ豪雨が襲った。愛媛県では26人が死亡、2人が不明になっている。愛媛県大洲市では備蓄用の水を使い出産。豪雨により交通網が寸断され復旧を阻んでいる。渋滞が新たな問題を引き起こしている。渋滞でボランティアがたどり着けないでいる。岡山県倉敷市「真備支所」も被災している。広島県坂町では水道管に土砂が流入したため水が使えなくなっている。土砂崩れで国道・バイパス・JRが被害を受けた。広島県呉市では主要道路が寸断され、一時陸の孤島になった。愛媛県宇和島市では吉田浄水場が土砂で埋まり、6568世帯で断水が続いている。交通が寸断され物流がマヒしている広島県呉市の最新情報を紹介。安倍晋三首相が岡山県倉敷市を視察。広島県広島市、岡山県倉敷市の映像。(中継)広島県呉市。
    【資料・協力】岡山県の行方不明者リスト
    【声の出演】松本考平、進藤尚美
    【コメント】廣瀬隼也、友野翼、平石直之、大橋佑介、三谷育男(倉敷市・真備支所長)、板倉朋希
    【出演】森川夕貴
    【解説・コメンテーター】後藤謙次(ジャーナリスト/共同通信社・客員論説委員/白鴎大学・特任教授)
    【人物】安倍晋三(首相)

    …さらに表示
  • 参議院本会議・自民党「6増法案」可決・野党”党利党略”と反発

    参議院議員の定数を6人増やすなどとする自民党提出の「6増法案」が参議院本会議で与党などの賛成多数で可決された。野党の3案は、ほとんど議論されず、採決もされなかった。「6増法案」について解説。
    【資料・協力】参議院倫理選挙特別委員会
    【議会・演説】森屋宏(自民党・参議院議員)、石井浩郎(参議院倫理選挙特別委員会・委員長)、足立信也(国民民主党・政調会長)
    【解説・コメンテーター】後藤謙次(ジャーナリスト/共同通信社・客員論説委員/白鴎大学・特任教授)

    …さらに表示
  • 福島第1原発事故”東京電力旧経営陣”強制起訴裁判・社員「想定外とは思えない」と証言

    東京電力の旧経営陣の20回目の裁判が東京地裁で行われた。夫が福島県大熊町の「双葉病院」に入院していて原発事故で避難を余儀なくされ、治療が受けられずに死亡した福島県いわき市の女性を取材。福島県浪江町の梨畑は除染のため伐採された。2015年7月に東京電力旧経営陣3人の強制起訴が決定している。事故前に巨大津波が予見できたかが争点になる。旧経営陣3人は「予見できない規模の津波が現実になった」と無罪を主張している。2008年に東京電力の子会社が作成した資料には、予測がたてられていた。津波対策を担当していた社員は「想定外とは思えない」と証言している。
    【資料・協力】東京電力
    【コメント文】勝俣恒久(被告/東京電力・元会長)、武黒一郎(被告/東京電力・元副社長)、武藤栄(被告/東京電力・元副社長)
    【コメント】保延ミツ子

    …さらに表示
  • <3.11から伝えたい>福島第1原発事故”東京電力旧経営陣”強制起訴裁判・社員「想定外とは思えない」と証言

    夫が福島県大熊町の「双葉病院」に入院していて原発事故で避難を余儀なくされ、治療が受けられずに死亡した福島県いわき市の女性を取材。裁判への思いを語った。
    【コメント】保延ミツ子

    …さらに表示
  • 桂歌丸・告別式

    桂歌丸の告別式が営まれた。
    【人物】桂歌丸(落語家)
    【議会・演説】中村吉右衛門
    【コメント】三遊亭円楽(落語家)

    …さらに表示
  • 【サッカー】W杯ロシア大会・フランスが決勝進出

    準決勝・フランス-ベルギーはフランスが勝利し、12年ぶりの決勝進出。
    【出演】寺川俊平
    【解説・コメンテーター】松木安太郎
    【人物】ロリス(フランス)、クルトワ(ベルギー)、ウムティティ(フランス)、フェライニ(ベルギー)
    【コメント】エムバペ(フランス)

    …さらに表示
  • 【サッカー】リーガエスパニョーラ・レアルマドリード・クリスティアーノロナウド・セリエA・ユベントスに電撃移籍

    ポルトガル代表・クリスティアーノロナウドが、リーガエスパニョーラ・レアルマドリードを退団し、セリエA・ユベントスに電撃移籍。移籍金約130億円で4年契約、年俸は約39億円。
    【資料・協力】ユベントスHP
    【人物】クリスティアーノロナウド

    …さらに表示
  • 【MLB】エンゼルス・大谷翔平

    マリナーズ-エンゼルスはエンゼルスが勝利。エンゼルス・大谷翔平が6番指名打者で先発出場し、勝利に貢献した。
    【会見】大谷翔平(エンゼルス)

    …さらに表示
  • 【プロ野球】試合結果

    ヤクルト-巨人は巨人が勝利。横浜-中日は中日が勝利。楽天-オリックスはオリックスが勝利。西武-ロッテは西武が勝利。
    【人物】亀井善行(巨人)、山口俊(巨人)、小笠原慎之介(中日)、杉本裕太郎(オリックス)、浅村栄斗(西武)、金子侑司(西武)

    …さらに表示
  • 【野球】日本代表・王貞治元監督×稲葉篤紀監督・「打撃論」語る

    6月に福岡県福岡市で日本代表・稲葉篤紀監督と王貞治元監督が対談。「打撃論」について語った。ホームランの重要性、MLB・フライボール革命を紹介。2017年にMLBでホームラン数は史上最多の6105本。アストロズはワールドシリーズで15本の史上最多HRでワールドチャンピオンに輝いた。王貞治氏の通算700号のバッティングを最新テクノロジーで解析。フライボール革命はMLBからプロ野球にもきている。ソフトバンク・柳田悠岐はフライボール革命をいち早く取り入れた。フライボール革命は日本の課題を解決する可能性がある。国際大会で日本代表は「動くボール」に苦しめられてきた。動くボール対策を紹介。
    【資料・協力】大洋-巨人(1976年7月23日)、巨人-広島(1964年5月6日)ネクストベース
    【解説・コメンテーター】稲葉篤紀(日本代表・監督)
    【コメント】王貞治(日本代表・元監督)、柳田悠岐(ソフトバンク)

    …さらに表示
  • <きょうの熱盛>【プロ野球】熱く盛り上がったシーン

    熱く盛り上がったシーンを紹介。西武・源田壮亮が新人開幕戦から221試合連続フルイニング出場の新記録を達成。
    【人物】マギー(巨人)、秋山翔吾(西武)、源田壮亮(西武)、長嶋茂雄

    …さらに表示
  • 気象情報

    全国の気象情報、岡山・広島・愛媛の時間ごと天気を紹介。(中継)テレビ朝日屋上。
    【声の出演】古賀慶太
    【出演】喜田勝(気象予報士)

    …さらに表示
  • 東京台東区・2億円窃盗で男ら逮捕

    2017年11月に東京台東区の路上で、中国人の男性が金を換金した直後に2億円が盗まれた事件で、男5人が逮捕された。

    …さらに表示

この番組のタグ(特徴)

番組オフィシャルサイト

報道ステーション

の評価

スキ度
解説・わかりやすさ
情報・知識
キャスティングの良さ
説得力
調査・取材力
専門性・独自性
評価する 閉じる