テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

市川海老蔵に、ござりまする

日テレ

驚き・発見情報・知識が特徴的なドキュメンタリー番組です。

  • 驚き・発見-
  • 情報・知識-
  • 感動・共感-
  • 説得力-
  • 調査・取材力-
  • 専門性・独自性-
放送時間
2016年01月03日(日) 23:00~
1時間30分

イメージ評価

みんなの
スキ度

1.8

0人が回答

あなたの
スキ度

-

  • 驚き・発見
  • 専門性・独自性
  • 調査・取材力
  • 説得力
  • 感動・共感
  • 情報・知識
  • 評価なし
  • 評価なし
  • 評価なし
  • 評価なし
  • 評価なし
  • 評価なし

みんなのイメージ

あなたのイメージ

番組オフィシャルサイト

番組内容

江戸歌舞伎の創始者・市川宗家の跡取りとして、真摯に歌舞伎に挑み続ける役者・市川海老蔵37歳。日本テレビでは、この6年間、その仕事ぶりと私生活に密着。非常に貴重な記録映像を記録し続けています。

今回、私たちが焦点を当てるのは、市川海老蔵の“歌舞伎役者”としての顔。歌舞伎という伝統芸能はどのようにして出来上がるのか?「歌舞伎の本質」を浮かびがらせる、本格カルチャードキュメンタリーです。

6年間撮りためた貴重な密着映像もふんだんに使い、歌舞伎役者・市川海老蔵の「芸の本質」と素顔をお届けします。

2015年6月に上演された、海老蔵の自主公演「ABKAI」。我々は、海老蔵が最も力を入れて新作歌舞伎を作り上げるこの公演の裏側に独占密着し、“歌舞伎のつくり方”を追いました。

ABKAIは、若者の街・渋谷で上演されます。演出家・宮本亜門、劇作家・宮沢章夫という現代演劇の才能を迎え、「浦島太郎」と「桃太郎」という日本の昔話を題材に、新作歌舞伎を一から作り上げる企画です。

海老蔵の心に常にあるのは、歌舞伎に新しい観客を…という願い。“継承”した古典の芸と、“革新”的な表現の融合を模索する役者・海老蔵の姿を、密着カメラが捉えました。

引用元:http://www.bs4.jp/

この番組のタグ(特徴)

タイムライン

更新

2017年1月9日

2016年1月31日

2016年1月10日

2016年1月8日

2016年1月7日

市川海老蔵に、ござりまする

の評価

スキ度
驚き・発見
情報・知識
感動・共感
説得力
調査・取材力
専門性・独自性
評価する
閉じる