\ドラマ・映画など動画配信中のサービスを比較して紹介中(無料配信あり)/

3年A組が全話無料視聴できる動画配信サービスはコチラ

日曜ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』は、2019年1月より放送開始されていたドラマになります。

略称「3A」とも呼ばれているこちらのドラマは、卒業10日前に突然生徒達を監禁した教師と生徒達が繰り広げる衝撃的学園ミステリー作品となります。

そんな『3年A組―今から皆さんは、人質です―』を全話無料でイッキに観ることができるサービスがあります。

あらすじや出演者情報、感想・ネタバレと合わせてご紹介しますので楽しんでくださいね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

Huluを2週間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回2週間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

Huluのポイント
月額1,026円(税込)で60,000本以上が見放題!
海外ドラマ作品が豊富!
●日本テレビのグループだから日本テレビ系の見逃し動画が豊富!

作品をダウンロードして外出先で気軽に観られる!
Huluオリジナル作品がおもしろい!

※掲載中のHuluの情報は2020年8月現在のものとなりますので、詳細は公式サイトをご確認ください。

3年A組―今から皆さんは、人質です―3年A組が全話無料視聴できる動画配信サービスはコチラ

動画配信サービス名配信状況
Hulu(フールー)第1話から最終話までHuluで視聴可能

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の1話~最終話の動画はHuluで2週間はお試しで全話無料視聴できます。

Huluは本来月額課金のサービスではありますが、無料期間中であればいつ解約しても追加の料金はかかりません。

関連記事

日本テレビ系・海外のドラマはHuluというオンデマンドサービスで今すぐ1話から最新話まで全話視聴するか、見逃した放送回を簡単に無料で見ることができます。誰でも会員登録するだけでカンタンに動画を見れますし、Huluはアメリカの[…]

3年A組―今から皆さんは、人質です―が無料視聴できるHuluの登録方法と解約方法を画像付きで解説

\それぞれタップすると見られます/

Huluの登録方法をタップして開く
1.Huluの作品ページ・TOPページにある会員登録ボタンをタップ
まずは、こちらの「Hulu 」ページへ移動して下さい。
※作品ごとのアクセスであればこのような画面です。
2.個人情報を入力
名前・性別・生年月日、そしてログインに必要となるメールアドレスと任意のパスワードを入力していきます。
3.支払方法を選択
お好きな支払方法を選択します。

4.同意確認後2週間の無料トライアルがスタート!
問題がなければトライアルを開始するボタンを押して終了です。お疲れ様でした!
※登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、本文内のリンクをクリックしてメールアドレスの認証を行います。
Huluの解約方法をタップして開く
Huluの解約方法は「電話で解約」「ウェブサイトから解約」「アプリから解約」の3種類あります。

【電話で解約】

Huluのカスタマーサービスが年中無休で10時から21時までやっているので、固定電話なら「0120-834-126」、携帯電話なら「050-3851-3926」に直接電話をして解約の旨を伝えましょう。
※HuluのID・契約者の名前・生年月日の3つが必要です。

【ウェブサイトから解約】
1.解約したいIDでログイン
2.オーナープロフィールを選択してください。
3.パスワードを再入力して次へ
4.アカウントページ内の「解約する」ボタンを押す
「ご解約の前に」画面が表示された後「解約ステップを進める」ボタンを押して解約になります。(アンケートあり)
※iTunes Store 決済/Amazon アプリ内決済/その他事業者によるお支払い方法(mineo/BB.excite/ケーブルテレビ決済/eo)のアカウントは、Hulu のアカウントページでの解約ボタンが表示されず、手続きが行えないので下記を参照してください。
Huluのアカウントページに解約ボタンがない場合 >>

【アプリから解約】

Android端末に限り、アプリから解約ができます。
ウェブサイトからの解約方法とほぼ同じですので、画像は省かせていただきました。
1.Huluのアプリでログインする
2.メニューから設定を選択
3.再度パスワードを入力
4.登録をキャンセルを選択
5.ご契約手続きを継続するを選択し、再度パスワードを入力し完了(アンケートあり)

3年A組―今から皆さんは、人質です―をHuluで無料視聴する

配信
2週間無料
配信
2週間無料
▶今すぐ見る
配信
2週間無料

※紹介している作品は、2020年7月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHulu公式ホームページにてご確認ください。

3年A組―今から皆さんは、人質です―をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』を安心・安全に無料視聴するならHulu(フールー)をお試し体験しましょう!

Hulu(フールー)はこちらから>>

3年A組―今から皆さんは、人質です―の再放送はある?

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の再放送は、現時点ではなんとも言えません。

再放送があったとしても直近の見逃しを再放送で見るというよりかは、何年かしてからの一挙再放送の可能性はあると思います。

3年A組―今から皆さんは、人質です―の各話あらすじ(1話~最終話)

\タップすると見られます/

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の第1話のあらすじ

魁皇高校の卒業式まで、残り10日。あとは卒業を待つのみとなった生徒たち。
冬から春へ季節を変え始めたこの時、高校生活という一つの舞台は平穏に幕を閉じていく。
……はずだった。
3年A組の扉が開く。担任の美術教師:柊一颯(菅田将暉)は、教卓の前に立ち、いつもと変わらぬ表情で、29人の生徒に衝撃的な一言を言い放つ。
「今から皆さんには、人質になってもらいます」

ポカンとする生徒たち。そしてそれはやがて嘲笑へと変わる。一部の人間が呆れて帰ろうとする。が、教室の扉には一颯によって特殊な鍵が取り付けられ、自由に開けられなくなっていた。そしてその時、廊下の外から突然爆発音が! 一颯が仕掛けた爆弾が爆発したのだ。衝撃の一同。この爆発によって3年A組は孤立し、完全に閉じ込められてしまう。一颯は「これから、俺の最後の授業を始める」と生徒たちに告げ、数ヵ月前に3年A組のある生徒が自殺したその理由を答えるようにと求める。その答えを夜8時までにみんなで導き出し、不正解の場合は誰か一人に死んでもらうと宣告する。そして彼は、クラスの代表として回答役に学級委員の茅野さくら(永野芽郁)を指名する…。

―――なぜ、一人の生徒は自ら命を失う事を選んだのか。なぜ、一人の教師は『人質事件』という方法をもって『最後の授業』を行うと決断したのか。生徒たちの想いは、そして抱えるその『秘密』とは。謎が連鎖し絡み合う、衝撃の学園ミステリー。ここに開幕。

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の第2話のあらすじ

一颯(菅田将暉)が魁皇高校3年A組の生徒たちを人質にとって立てこもってから一夜が明けた。瀬ヶ山署の郡司(椎名桔平)は、一颯の身辺を調べ始める。一颯が以前勤めていた学校を訪ねた郡司は、彼の意外な「正体」を聞かされることになる。

3年A組の生徒たちは、ある生徒の自殺の理由について一颯に“正解”を答えられないまま、一颯の命令に従うしかなかった。この日も一颯は生徒たちに、最後の授業として第二の問題を投げかける。澪奈(上白石萌歌)の自ら命を落とす直前、そのきっかけとなったともいえる、「ある動画」がSNS上に投稿されていた。しかし、その動画は一部分を故意に加工されたフェイク映像だという。そして、この3年A組の生徒の中に「投稿者」が存在するということを断言する一颯。またも「夜8時までに名乗り出なければ、この中の誰かが死ぬ」と言い渡す。

緊迫した空気。クラスの中に確実に存在する犯人。謎は疑惑を呼び、生徒たちはそれぞれの思いを抱え、動き始める―――。2日目の3年A組に暴かれる「真実」とは……。

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の第3話のあらすじ

警視庁理事官である五十嵐(大友康平)は、ついに一颯(菅田将暉)と対面。が、五十嵐が盗聴器を付けていることを察した一颯は、拳銃を突き付けて――。
一颯の本日の授業は澪奈(上白石萌歌)を陥れたフェイク動画を「撮影した」3年A組の生徒は誰なのかというもの。しかしいつもとは違い、その犯人の特定を生徒たちではなく郡司(椎名桔平)に命じる

そして、指定した時刻までに動画撮影者を見つけられなければ教室内の5人の生徒の命を奪うと宣言。世の人々は一斉に警察の動きに興味を向ける。郡司が捜査を進めると動画には、水泳部のジャージを着た人物が映っていたことが判明する。同時に生徒たちの間では、水泳部員の花恋(堀田真由)に疑いがかかる。彼女は、動画に映っているのは水泳部マネージャーの真壁(神尾楓珠)かもしれないと反論する。澪奈、花恋、真壁はかつて、水泳部の仲間として親しくしていた。

そんな中、郡司のもとに3年A組の生徒を名乗る人間から連絡が入る。その生徒の協力を得た郡司は、フェイク動画を撮影したと思われる生徒を特定するが…。
新たな謎が刻まれる衝撃の第3話―――。必見。

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の第4話のあらすじ

澪奈(上白石萌歌)の死の鍵を握る疑惑のフェイク動画撮影者は、里見(鈴木仁)だった。しかし、その動画の撮影を指示した人間は別にいる……。一颯(菅田将暉)は、その正体が誰なのかと生徒たちに尋ねる。勿論、誰も名乗り出るはずもない……と思った矢先、挙がる一人の手。その手の主は甲斐(片寄涼太)だった――。

甲斐が罪を認める中、一颯は甲斐の後ろに更なる黒幕がいるはずだと追求する。だがそれを認めない甲斐。すると一颯は甲斐が真実を明らかにしなければ次は10人の生徒が犠牲になると告げる。戦慄する3年A組。
甲斐から情報を引きだそうとする生徒たち。だが、口をつぐむ甲斐にさくら(永野芽郁)は自らを奮い立たせ、甲斐に言葉を投げかける。しかしそれでも何かを語ることはなく、一人教室を出て行く甲斐。だが、そのさくらの勇気に心を動かす生徒が現れる。次第に、動き出す教室内の空気。

そして、夜8時が近付く。いら立った男子生徒が甲斐に迫り、3年A組は一触即発状態に。甲斐は一颯に「お前が勝ったら洗いざらい吐いてやる。ただし、俺が勝ったらみんなを解放しろ」と、闘いを挑む。
一颯が3年A組に放つ、魂の授業とは――。

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の第5話のあらすじ

一颯(菅田将暉)が倒れた―――。
それから約2時間後、時刻は3月4日午後10時30分から物語は始まる。
一颯を心配するさくら(永野芽郁)らの一方、その隙を見て生徒たちは手分けして脱出方法を探り、閉ざされていた美術準備室の扉を破ることに成功。そして彼らは没収された携帯電話やカバンを回収し、外部との連絡手段を獲得する。

様々な人間からの生存報告、そして一颯が倒れたという情報が瞬時に拡散していく。
その報を聞いた警察は動きだし、SITの突入を決意する。……突入まで時間はない。
そんな中、美術準備室の床から下の階の教室につながる扉が開き、殺されたはずの中尾(三船海斗)、里見(鈴木仁)、西崎(今井悠貴)、瀬尾(望月歩)、瑠奈(森七菜)、美咲(箭内夢菜)が見つかる。まさかの事態に喜ぶ生徒たち。

しかし、なぜか神妙な面持ちの里見たち。彼らは、脱出を試みようとする生徒らに「自分たちは学校から出るつもりはない」と告げ、さらには「先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしい」と他の生徒に訴える……。その真意とは。
たった55分間の激動の物語。争いと葛藤。彼らそれぞれが取る、選択とは……。
―――この1時間が、「3年A組」の大きな岐路となる。

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の第6話のあらすじ

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した悪の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれ始める……。

一方、死の恐怖から解放されたと思っていた生徒たち。だが一颯は教師陣に向かってフェイク動画の作成を依頼した人物に名乗り出るよう要求した後、夜8時までに名乗りでなければ教室を爆破すると宣言。驚くA組生徒たち。話が違うと責め立てる生徒に向かって一颯はいつもと変わらぬ表情で、その覚悟が揺らがないことを話し、再び携帯電話などの通信手段を回収し始める。事件初日と同じ光景に戸惑いの空気が流れる教室。と、さくら(永野芽郁)だけがあることに気付き―――。

第2章開幕。これまでとは違う様相を見せる3年A組の物語。その向かう先を示す第6話。
必見。

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の第7話のあらすじ

一颯(菅田将暉)に名指しされた犯人教師の名は、武智大和(田辺誠一)であった――。
澪奈(上白石萌歌)を陥れるフェイク動画の作成を依頼したのは武智だと一颯が告発したことにより、世間の声は一斉に武智に向き始める。しかし、完全潔白を主張する武智。一颯は、夜の8時までにすべての罪を自白することを勧告し、さもなければ武智にとって“一番大事なもの”を奪うと言い渡す。

そして教室では一颯が生徒たちに、澪奈が命を落とした当日の映像を見せる。その映像には亡くなるその日に「フェイク動画の犯人に会いにいく」と告げていた澪奈の姿が映されていた。さらに、世の中に流れている澪奈の死の当日の防犯カメラ映像とみられる動画を教室内で公開し、そこに澪奈と共に怪しい男性が映されていたことが分かる。

……だが、いつもと違うのは決定的な証拠や確証がそこにはないということ。武智への疑惑が深まる中、瀬尾(望月歩)と華(富田望生)が異議を唱える。一颯は生徒たちに、澪奈と一緒に映っている人物が武智なのか、それとも別人なのか、映像を解析して見極めるようにと告げる。
名指しされた犯人教師。一颯の狙いとは。この事件の真相とは――。核心に迫る第7話。

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の第8話のあらすじ

警察で取り調べを受ける武智(田辺誠一)は、無実を訴え呟く。「僕は何も悪くない…」。
しかし、既に世間ではSNSの人間によって解析された武智の殺人疑惑の証拠となる動画が拡散され、武智の悪事を暴いたものたちの勝利宣言で溢れかえっていた。

ついに澪奈の死の原因となったフェイク動画の真相にたどり着いたと思う3年A組の生徒たちは未だ解放されない理由を一颯(菅田将暉)に問う。すると一颯は澪奈の死の原因はこれがすべてではないと告げ、むしろこれからが「本番」であると突きつける。戸惑う生徒たちに一颯が与えた次なる課題は……「自習」。回収していた鞄や携帯電話を返却し、今日1日を思い思いに過ごすようにと告げる。

一方、郡司(椎名桔平)は、一颯の真の目的を突き止めるため、文香(土村芳)を訪ねる。郡司は文香の話から、武智の背後にいる人物が誰なのかを知る。捜査が進み、武智が澪奈を殺害した犯人という証拠が固まっていく。武智はまもなく自供すると思われたが……。そして、自習を進める教室の中、瑠奈(森七菜)が武智の動画を見返していると、とある驚愕の事実に気付いてしまう――。
この物語の「本番」が始まる。真の謎、真に伝えること、その行く先とは――。衝撃的第8話が幕を開ける。

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の第9話のあらすじ

一颯(菅田将暉)と郡司(椎名桔平)の前に謎のヒーローが現れた――。
そして物語は一度時を変え、数年後の3月9日へ。3年A組の生徒たちがそれぞれの人生を歩み、再びこの教室へと集まってきた。懐かしむ一同の前には一枚、一颯の「遺影」が飾られていた。彼らが集まった理由。それは、亡き一颯の三回忌であった――。

そこで、逢沢(萩原利久)が撮影してきた景山澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリー映像の全容が流されることになる。次々に明らかになる澪奈の真実。その映像に映し出される澪奈の本当の想いとは――。
そして時は生徒たちが高校3年生である、元の3月9日へと戻る。一颯は、郡司を人質にとった後、意識を失ってしまう。SNSでは武智(田辺誠一)が澪奈を殺した犯人とされて炎上が続き、マスコミは武智を追いかける。そんな中、ある人物が一颯が作ったフェイク動画をSNSに投稿する。武智糾弾の流れはその動画により一颯真犯人説に形を変え、一斉に矛先を変えていく。

その状況を見つめていた生徒たちが狼狽する中、目を覚ました一颯が教室に現れる。
そして、一颯は3年A組に向かって、「全ての真実を話す授業」を始めることになる――。
ついに最終章を迎えた本作。誰もが「考える」第9話。衝撃怒濤の物語が大展開する。

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の第10話(最終回)のあらすじ

一颯(菅田将暉)が、郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。

果たして、この物語の最後に待ち受ける本当の衝撃的展開とは――。
本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。
一颯が、一颯を取り巻く人物たちが、立ち向かおうとした相手は誰か――。

彼が「変わってくれ」と願ったその意味とは何か――。
これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。
3年A組が迎える運命の10日目。是非皆さんご一緒に見届けていただければ。

公式HPより引用

3年A組―今から皆さんは、人質です―を全話無料視聴した感想・ネタバレはこちら

\タップすると見られます/

3年A組―今から皆さんは、人質です―を全話無料視聴した感想・ネタバレ

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

全話視聴した感想・ネタバレ

40代男性
★★★★
菅田将暉が主演するドラマだから、話題になり、若い人たちの中では多くが視聴するだろうと思いました。一話から、生徒たちを人質にして学校に籠るという衝撃的な展開と、クラスメイトが自殺していたことについての教育がキーワード的にストーリーが進むのかなと思いました。生徒たちは当然反発して脱出や菅田将暉演じる先生を倒しにかかるはずたから、どこかで生徒たちの心を掴むのだろうなと思って見ていました。クラスメイトを自殺に追い込んだ真犯人が明らかになり、先生の余命が残りわずかとなり、生徒たちに教えることを通じて,視聴者に訴えたかったことはなにかを考えました。それは、ネット上で、悪意はなく、善意で教えてあげているとののつもりで投稿した言葉などが、誰かを傷つけるということ。このことは、今の社会では、時間を割いてしっかり教育すべきテーマだと思いました。


30代女性
★★★★
【想像と違う!(良い意味で)】
学園もののドラマは、大体生徒役の中からこれから活躍しそうな逸材を探すのが好きでよく見ているのですが、この作品も森七菜さんや堀田真由さん、神尾風珠くんなど最近ドラマや映画でよく見かける俳優さんたちが多く出演しています。
最初は、もともと物静かな教師が今どき?の生意気な生徒にキレて暴走するといったような話なのかなと途中まで見ていましたが、だんだんキレる理由が明らかになっていき、今の社会、学生だけでなく大人にも通じるような話になっていきます。
1話からは想像のつかない展開がどんどん広がっていき、いつも日曜日が待ち遠しかったです。
はっきり行って34歳社会人の私にもグッと来るものがありました。
菅田将暉さんはこの作品で本当に素敵な俳優さんに登り詰めたなと思いました。
全話通してとても面白いドラマだったと思います。

全話視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★
【実はメッセージ性の強いドラマでした】
始めは良くある学園ドラマのようなものかな?と思っていましたが、1つのストーリーになぞられて話が進んでいくタイプに興味を持ちました。
菅田将暉さん演じる柊一颯の狂気的な演技に毎回、引き込まれました。
毎回、主に登場する生徒のエピソードは他の学園ドラマと代わり映えがしないのかなと思いながら、今の時代にそったテーマを題材にしているところにメッセージ性を感じました。
特に川栄李奈さんの演じる宇佐美香帆が主役の回や福原遥さんの演じる水越涼音が主役の回などは彼女たちの演技力の高さに圧倒されましたし、今田美桜さんがメインの回も、迫力のある演技ですっかり引き込まれ、ストーリーを忘れて現場の空気はどんな感じなんだろうと思わせてくれるほどでした。
とにかく出演している俳優さんたちの熱い演技に毎回引き込まれるドラマだったと思います。


20代女性
★★★★★
【ぶっきーが熱血】
このドラマはぶっきーが生徒たちに、熱く語りかけたりするところが印象的です。生徒たちは感情が溢れていて、泣いたり意見を言い合ったりしていたのが良かったです。人それぞれいろんな意見がある中、みんなで答えを出そうとするところがいいなと思います。
ぶっきーは景山のことを考えて、みんなにちゃんと理解してほしいという想いが伝わってきます。その場にいない景山の気持ちを、代弁しているように感じます。
今の時代はSNSなどで、簡単に自分の気持ちを発信できるけど全てに責任を持たないといけないと改めて考えさせられます。文字というのはとても重みがあって、感情がよく見えないからこそ怖いことがリアルに感じました。

全話視聴した感想・ネタバレ

50代女性
★★★★
【「菅田将暉さんが主演ということで観始めました。」】
現代ではあり得ない人質事件に毎回ハラハラドキドキしながら観ていました。柊先生の目的が最初は分からなくて、ただ、本気で生徒を傷付けるのが目的ではないと直ぐにわかったので、冷静に観ることは出来ました。SNSの発達は若者の社会を蝕んでいて、誹謗中傷が人の命を奪うことがある、ということにも警鐘を鳴らしたと思います。ましてフェイクニュースの拡散などあってはならないことです。それにより、精神を病んだり、自殺したりしたら一体誰が責任を取るのでしょうか?このドラマは結局フェイクニュースは教育者が企んだという信じられない結果になりました。柊先生は病死しましたが、3年A組の絆は深まりました。きっと一生忘れられない時間となったと思います。


40代男性
★★★★★
【子どもに見せるべきドラマです。】
いまでもたびたび話題になる、SNSでの誹謗中傷という社会問題をテーマにしたドラマです。わたしには高校生と中学生の子どもがいるのですが、このドラマは見せて良かったと思っています。自分が発する些細な一言や一文が、受け取った側を深く傷つけてしまうことがあるということをこのドラマを通じてよく理解できたと思っています。これも主役を演じた菅田将暉さんの熱演のたまものだと思っています。それまで菅田将暉さんのイメージは軽い、今時の若者ぐらいにしか思っていなかったのですが、このドラマでは視聴者を引き込む演技で、菅田将暉さんを見直しました。そのほか永野芽郁さん、今田美桜さんなどの若手女優陣も存在感のある演技をしてくれています。ぜひ家族で見てほしいドラマです。

全話視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★
【菅田将暉がひたすらにヤバい】
ついこの間まで生徒側だった菅田将暉さんが今度は生徒たちを導き束ねるポジションで主演しているというだけでもアツいのですが、たった一人で経験が少ない生徒全員分の演技のフォローをしているのがとにかく圧巻でした。真意が読めない立てこもり犯、生徒のことを心から大切に思う教師、倫理観を見失った民衆や視聴者まで巻き込んで、世の在り方を問う一人の人間…と次々にポジションを使い分ける演技力がすごすぎる。演技だけでなく人間としての精神力も大いに問われる難しい役どころを全力投球で魅せきったラストには感涙しました。今を生きている学生たちにはきっと大切な気持ちが深く残ったはずですし、定期的に再放送されるべき名作だと思います。


40代男性
★★★★★
この作品はあまり見る前は期待はしてませんでしたが、1話目から衝撃的過ぎてそれからは最終回までは1話たりとも見逃しをせずに見ました。柊一颯を演じた菅田将暉さんの演技力を改めて見せつけられてドラマでした。これほど菅田将暉さんが演技力のある俳優だったのか感心しました。なぜ生徒たちを人質に学校に立てこもったのか話が進むにつれて明らかになっていきましたが、やり方は過激ではありましたが自らの命がもう後残り少ないことから生徒に体を張った授業を行ったことには一定の理解はありました。現代社会へのネットへの誹謗中傷といったネット社会への現代人への警笛を訴えていたドラマだったので、最終回は本当に考えさせられるドラマでありました。

全話視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★★
「3年A組 今から皆さんは、人質です」は学園物語で同世代の方々や大人の方まで楽しめるドラマでした。生きるとは何かを知る事ができるドラマです。最初は仲間割れをしていて、3年A組の担任を務める菅田将暉さんの事を生徒たちは信じておらず敵対心を持っていたのですが、一人一人とだんだん分かち合って行きなぜ先生が教師になったのか、大切な事を教えてくれる先生でした。もともと好きな俳優さんでしたがもっと好きになりました。生徒役の長野めいさんや今田美桜さんの演技は特に心に残りました。二人は全く性格も違いクラスの中でのグループも違いますが、最終的には先生のおかげでそういった真反対の生徒同士が一致団結して先生を守るとゆう感動物語に!
是非皆さんも見てください!


40代女性
★★★★★
【予測不能などんでん返しの連続】
のっけから教師が生徒を人質にして立て籠もるとか、サイコパス教師とのサバイバルゲームかと思って、つい構えてしまいました。
ですが、実際は学校と生徒達がひた隠しにしてきた景山澪奈の自殺の真相をただただ知りたいだけだったという、意外と熱血漢だった一颯にホッとしました。
誰が真の敵なのかわからないまま、周りを欺き続ける一颯の二重三重の罠には驚いてばかりですが、やはり、飄々としながらも最後まで自分の本性を隠した武智のほうがもっと怖いと思いました。
ですが、一番印象的だったのは、無視や暴言、ネットの公開処刑など、やっている側は軽い気持ちでも、人を死ぬほど追いつめるほどの攻撃になるという、一颯の訴えでした。
演出にも上手くネットを取り入れていて、画面越しでも自分に問いかけられているようなリアリティがあります。一颯の投げかける言葉は、とても当たり前のことばかりですが、ネット社会の恐ろしさについて考えさせられるところが深く心に刺さります。

3年A組―今から皆さんは、人質です―に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

柊一颯役(菅田将暉)

こんな作品にも出演

武智大和役(田辺誠一)

こんな作品にも出演

テレビ朝日ドラマ『私のおじさん〜WATAOJI〜』(2019年)

テレビ朝日ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』(2018年)

TBSドラマ『父、ノブナガ』(2017年)

映画『BLEACH 死神代行篇』(2018年)

茅野さくら役(永野芽郁)

こんな作品にも出演

関西テレビドラマ『僕たちがやりました』(2017年)

テレビ東京ドラマ『こえ恋』(2016年)

映画『帝一の國』(2017年)
映画『仮面病棟』(2020年)

森崎瑞希役(堀田茜)

こんな作品にも出演

テレビ朝日ドラマ『疑惑』(2019年)

日本テレビドラマ『トドメの接吻』(2018年)

テレビ朝日ドラマ『重要参考人探偵』(2017年)

映画『ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜』(2019年)
映画『CONFLICT〜最大の抗争〜』(2016年)

郡司真人役(椎名桔平)

こんな作品にも出演

テレビ朝日ドラマ『白い巨塔』(2019年)

テレビ東京ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』(2018年)

フジテレビドラマ『嫌われる勇気』(2017年)

映画『愛なき森で叫べ』(2019年)
映画『走れ!T校バスケット部』(2018年)
映画『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2018年)

五十嵐徹役(大友康平)

こんな作品にも出演

フジテレビドラマ『シャーロック (テレビドラマ)』(2019年)

テレビ東京ドラマ『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』(2016年)

NHK BSプレミアムドラマ『44歳のチアリーダー!!』(2015年)

映画『ライヴ』(2014年)
映画『笑う警官』(2009年)

市村浩一役(ベンガル)

こんな作品にも出演

テレビ朝日ドラマ『監察官・羽生宗一4』(2016年)

フジテレビドラマ『新・美味しんぼ』(2009年)

テレビ東京ドラマ『テミスの剣』(2017年)

映画『おけちみゃく』(2018年)
映画『マンゴーと赤い車椅子』(2015年)

その他キャストも多数出演

福原遥、上白石萌歌、森七菜、川栄李奈、富田望生、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、古川毅(SUPER★DRAGON)、バッファロー吾郎A、矢島健一、ほか

3年A組―今から皆さんは、人質です―の主題歌を歌うのはザ・クロマニヨンズの『生きる』

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の主題歌を歌うのはザ・クロマニヨンズの『生きる』です。

制作サイドと主演の菅田将暉さんによるオファーによって実現したというこの主題歌、最高にカッコイイメロディだけでなくその歌詞にも要注目です。

3年A組―今から皆さんは、人質です―が全話無料視聴できる動画配信サービスのまとめ

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の1話~最終話の動画はHuluで2週間はお試しで全話無料視聴できます。

Huluは本来月額課金のサービスではありますが、無料期間中であればいつ解約しても追加の料金はかかりません。

ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』はいつ死ぬか分からない状況に追い込まれながらも必死に生きようとする生徒達の10日間を描いた衝撃作。

数々の名言も生み出したこちらの作品、是非何度も楽しんで観て下さいね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

Huluを2週間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回2週間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

Huluのポイント
月額1,026円(税込)で60,000本以上が見放題!
海外ドラマ作品が豊富!
●日本テレビのグループだから日本テレビ系の見逃し動画が豊富!

作品をダウンロードして外出先で気軽に観られる!
Huluオリジナル作品がおもしろい!

※掲載中のHuluの情報は2020年8月現在のものとなりますので、詳細は公式サイトをご確認ください。