\ドラマ・映画など動画配信中のサービスを比較して紹介中(無料配信あり)/

僕のいた時間(ドラマ)が全話無料で見逃し視聴できる動画配信サービスはこちら

ドラマ『僕のいた時間』は、2014年1月より放送開始されていたドラマになります。

三浦春馬さんが演じる主人公・澤田拓人が難病と闘いながら残された時間を自分らしく生きていく姿を描いた作品。

主人公や周りの人達の葛藤など、胸に迫るものがありますね。

そんな『僕のいた時間』を全話無料でイッキに観ることができるサービスがあります。

あらすじや出演者情報、感想・ネタバレと合わせてご紹介しますので楽しんでくださいね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

FODプレミアムを初回2週間無料
トライアル
で楽しむ!

今すぐ無料でお試し

初回2週間無料トライアルの
期間中に解約すれば解約金などは
一切かかりません。
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

FODおすすめポイント
月額料金888円に対して貰えるポイントは最大1300P(無料期間でも!)
アニメや映画、フジテレビ系ドラマやバラエティ30,000本以上を見放題!
FOD独占配信作品やオリジナル配信作品も多数あり
追加料金なしで雑誌が【130誌】以上読み放題!

※2020年8月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

僕のいた時間(ドラマ)が全話無料で見逃し視聴できる動画配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名配信状況
FOD(フジテレビオンデマンド)第1話から最終話までFODプレミアムで視聴可能

ドラマ『僕のいた時間』の全話動画はFODプレミアムで無料視聴できます。

FODプレミアムは月額課金のサービスなんですが、Amazon Pay(アマゾンに登録してるクレジットカードでの決済)で支払うことで、初月は無料で利用できますよ。

無料期間中のいつ解約しても料金がかからないのでお得です。

FODプレミアム内の無料コンテンツを好きなだけ見られますし、さらには無料で読める電子書籍もたくさん楽しめます。

関連記事

動画配信サービスFODプレミアムのメリット・デメリットを、使用しているからこそわかる2020年最新情報でお伝えしますよ♪FODプレミアムを知らなくても詳しく説明しますので期待してくださいね。[afTag id=654]F[…]

僕のいた時間(ドラマ)が全話無料で見逃し視聴できるFODプレミアムの登録方法と解約方法を画像付きで解説

\それぞれタップすると見られます/

FODプレミアムの登録方法をタップして開く
1.FODプレミアム申し込みページへ行く
まずは、こちらの「FODプレミアム 」ページへ移動して下さい。

2.登録するIDの選択(ログイン)
※無料お試しがあるのは「Amazonアカウント」で登録した人のみになりますので注意が必要です。


3.月額コースの確認
FODプレミアムのコースについて、金額や無料期間など表示されますので確認ください。

4.支払い方法の設定
下へスクロールするとIDの支払い方法を利用するかの項目。

5.登録完了
問題がなければ登録するボタンを押して終了です。お疲れ様でした!
FODプレミアムの解約方法をタップして開く
1.解約したいIDでログイン
2.右上のメニューをタップ
3.月額コースの確認・解約をタップ

4.解約を選択する
※正常に解約ができているかはメニューから「月額コースの確認・解約」をタップして確認できます。

僕のいた時間(ドラマ)をFODプレミアムで全話無料視聴する

配信
2週間無料
▶今すぐ見る
配信
2週間無料
配信
2週間無料

※紹介している作品は、2020年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

僕のいた時間(ドラマ)をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで全話無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

ドラマ『僕のいた時間』を安心・安全に無料視聴するならFODプレミアムをお試し体験しましょう!

FODプレミアムはこちらから>>

僕のいた時間(ドラマ)のあらすじ・ストーリー

\見たい方はタップしてください/

僕のいた時間(ドラマ)のあらすじを開く

“命の大切さ”とは?“生きる”とは?主演・三浦春馬が難病に立ち向かい、現代に生きる若者の気持ちをリアルに映しだす!!視聴者と共に考える等身大のドラマ『僕のいた時間』。
“笑って”“泣いて”“自分らしく”生きていく…漠然と生きていた若者が命のリミットを意識し、前向きに生きていく姿をハートウォーミングに描くヒューマンストーリー。

主演の三浦春馬が演じるのは、筋肉が徐々に衰えて呼吸困難に陥り最終的には人工呼吸器をつけないと死に至ってしまう病気、筋萎縮性側索硬化症という難病と闘う澤田拓人(さわだたくと)。生きる目的を漠然としか考えていなかった若者の澤田拓人が、自分の余命がわずかだと知り、残された人生を模索していく物語だ。今を生きる若者が難病に侵され、命のリミットを初めて意識した時、恋人とはどう向き合うのか?家族とはどう向き合うのか?未来ある主人公・澤田拓人は、自分の病気とどう向き合っていくのか?

そんな三浦春馬演じる澤田拓人は、就職活動に苦戦中。拓人と同様に就職先が見つからず途方に暮れている大学の同級生、本郷恵(ほんごうめぐみ)役を多部未華子、就職活動がうまくいかず大学院へ進んだ拓人の兄貴的存在の向井繁之(むかいしげゆき)役に斎藤工、恵の友達である村山陽菜(むらやまひな)役に山本美月が決定。さらに、医学部に進学する拓人の弟、澤田陸人(さわだりくと)役に野村周平、拓人の主治医、谷本医師役には吹越満、拓人の父親、澤田昭夫(さわだあきお)役に小市慢太郎、恵の母親である本郷翔子(ほんごうしょうこ)役には浅田美代子、そして主人公・拓人の母親、澤田佐和子(さわださわこ)役に原田美枝子が決定。人気と演技力を兼ね備えた豪華キャストが勢ぞろいだ。

また、脚本を手がけるのは『僕の生きる道』『僕と彼女と彼女の生きる道』『僕の歩く道』『フリーター、家を買う。』などヒューマンドラマの名作を多数描いてきた橋部敦子。時に切なく、そしてハートウォーミングに…数々の名作ドラマを手がけてきた橋部敦子が描く、主人公たちの苦悩や葛藤の姿も今回のドラマのみどころの一つ。1月スタートの水曜夜10時『僕のいた時間』に注目だ。

公式HPより引用

僕のいた時間(ドラマ)の全話無料で見逃し視聴した感想・ネタバレはこちら

\見たい方はタップしてください/

僕のいた時間(ドラマ)の全話無料で見逃し視聴した感想・ネタバレを開く

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

全話視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★★

ALSを題材にしたドラマでした。やはり病気が進行していくシーンは、辛いものがありましたが、ただ悲しい、辛いだけでなく、今できることを必死にやり、前向きに前を見て生きていこうと、捉え方を変えていく拓人の姿が描かれていて、芯があって本当に強いと思いました。一番印象的だったのが、自分がALSであると告げられ、帰宅した拓人が唐揚げを無言で黙々と食べ進めていて、最後に泣くシーンです。いつもの当たり前の生活が一変する恐怖や不安が一気に押し寄せるようなそんな心情が伝わってきました。昨日まで普通に食べていた食事も、いつも見ていた景色も、宣告された日には、全てが違って感じたのかなと思いました。恋人であるメグミとも、病気のことを告げずに別れるシーンは切なすぎました。相手を想うからこそ言えないのは凄く分かるけど、同じ状況だったら、私だったら嘘は言わないで、病気のことも隠さず言って欲しいな!って強く思ってしまいました。とても一途で、決めたことはやり抜く、多部未華子さんの演技もとても好きでした!介護の仕事を一生懸命こなす役も多部未華子さんに合っていると思いました。二人がまた巡り合い、メグミが拓人を抱き締める、二人の浜辺でのシーンは泣けました。本当に想い合ってる二人だからこそ、余計な言葉は要らなくて、二人だけの時間一秒一秒を、大事に過ごしている切なくて愛が溢れるシーンでした。最後は二人が幸せになって、本当に良かったです。もし自分が、もし大切な人が難病になったら、とドラマを観ているこちら側も色々な思いを張り巡らせ、生きることについて深く考えさせられました。


30代男性
★★★★★

三浦春馬の演技、役柄は最高でした。けど、個人的には何での連続でした。何で自分が病気になって一番苦しくて、怖くて、寂しいときに大好きな彼女に別れを告げるの。何で残らせた時間が少なくなった時に同じ病で苦しんでる人たちを助ける為に医者になろうと思って勉強するの。何で職場の人から白い目で見られてるのに、自分ができる仕事を探して一生懸命仕事をするの。もっと自分だけの事を考えて、自分の為だけにわがままに生きていいのにと思いました。けど、ドラマを観るに連れて、三浦春馬が病気なってからやった行動は人のことを思って、自分のできる範囲の精一杯のわがままなんだなと思うようになりました。多部未華子はほんとに優しくていい子だなと思いました。訳もわからず三浦春馬に振られても心のどっかでは三浦春馬の事を常に思い気に留めていたところや、斎藤工に正直に自分の気持ち、自分が今しかできないこと伝えたところは心の優しさが滲み出ていると思いました。最終回は予想外の展開でした。病気の話だったので最後は三浦春馬が死んでしまい、多部未華子が三浦春馬を思い続けると思ったのですが、まさか、生きていく選択をするとは思いませんでした。今までにはない新しい病気との向き合い方を示したドラマだと思いました。

全話視聴した感想・ネタバレ

50代女性
★★★★

三浦春馬さんが、拓人をとても魅力的に演じていて素晴らしかったと思いました。多部未華子さんが、とても可愛くていい演技をしていて、良かったと思いました。今を生きることの大切さ、すぐそばにある自分の幸せに気付くことを教えてくれる、最高に素敵なドラマだと思います。ALSという難病について、名前だけは知っていましたが、これほど大変なのだというのはドラマを通して少しですが、知ることが出来ました。精神的に不安定になったり、本当に呼吸が苦しくて辛い時は、わがままなのではなく、自分でもどうしようもないような状態なのだと知って、涙が止まりませんでした。何度見返しても、飽きることがなく毎回感動して心が洗われる気持ちになるドラマです。タクトとマモちゃんの相手を思いやり真の友情が、素晴らしいと思いました。ALSの患者さんが、絶望の中にいたとしても絶対にあきらめることなく、前向きに頑張る姿に励まされ、自分も一生懸命に生きなければならないと、改めて考えさせられました。砂浜で、お互いにあてて書いた手紙が入ったビンを取り出して、それを読むところはとても心に染みる素敵なシーンです。一刻も早く治療法が見つかることを祈らずにはいられませんでした。


30代男性
★★★★

『僕のいた時間』というドラマは難病に立ち向かう青年の生き様・ヒューマンストーリーです。
このドラマで主演を務めるのは三浦春馬さん(澤田拓人)です。
ドラマを見ていて“命の大切さ”や“生きる”という意味を考えさせられました。
命のリミットを初めて意識した時、人はどんなことを考えるのでしょう。
恋人とはどう向き合うのか?
家族とはどう向き合うのか?
病気との向き合いかたは?
人によって、また人それぞれ置かれた環境によってそれは違います。
ドラマを見ながら普通に笑えること、どんなに苦しいことがあっても健康でいられる事がどれだけ幸せかを知りました。
病気というものは、いつ・誰を蝕むかは誰にも分かりません。
このドラマでの話は自分自身と向き合う最高の機会を与えてくれるとおもいました。
1話1話のストーリーで起こる事の全てに様々な想いが浮かびあがりました。
病気だけではなく戦わなければならない事が誰にでもたくさんあると思います。
そんな状態で苦しんでいる方は、是非このドラマを見てみて下さい。
きっと答えが見つかる。とまでは言えませんが、今の置かれた状況が全く違う世界に見えるかも知れません。
人としてどう生きるべきかを一から考えたくなるドラマでした。

全話視聴した感想・ネタバレ

50代女性
★★★★

ALSという病は非常に残酷です。頭は正常なのにも関わらず体の機能は段々と失われて生き、呼吸する筋肉の機能まで失われてしまいます。そして、人工呼吸器を使うか、そのまま死を選ぶか自分で選択しなければなりません。人工呼吸器を使う選択をすれば、それは長い地獄のような日々を送らなければならないことになるのです。三浦春馬演じる拓人はなに不自由なく育ち、幸せな人生を送っていました。父と同じように医者になれなかったコンプレックスはあったかもしれませんが、病気さえなければ幸せになれたと思います。突然難病ALSに若くして罹患し、愛する恋人とも意に反して別れ、辛かったと思います。もし、私だったら失望の余り、自ら命を絶ったかもしれません。しかし、拓人は生きる選択をします。それがいかに自身にとって残酷で、周りにとっても地獄であると知っていながら。恋人の恵は彼に生きていて欲しいと強く願います。自分の人生を犠牲にしてでも拓人と共に生きる道を選んだのです。もし、自分が難病になったらどういう選択をしたらいいのだろうか?たくさん考えさせられたドラマでした。特にALSに関しては人工呼吸器装着の選択が大きな岐路になります。命は何よりも大切ですが、それを自分で選ばなければならない病があることを知っておくことも大切なことだと実感しました。

僕のいた時間(ドラマ)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

澤田 拓人(三浦春馬)

こんな作品にも出演

大河ドラマ『おんな城主 直虎』(2017年)

日本テレビドラマ『14才の母』(2006年)

フジテレビドラマ『ラストシンデレラ』(2013年)

映画『進撃の巨人』(2015年)

映画『恋空』(2007年)

映画『君に届け』(2010年)

本郷 恵役(多部未華子)

こんな作品にも出演
NHKドラマ『これは経費で落ちません!』(2019年)
TBSドラマ『大奥〜誕生』(2012年)
映画『アイネクライネナハトムジーク』(2019年)
映画『あやしい彼女』(2016年)
映画『日日是好日』(2018年)

向井 繁之役(斎藤工)

こんな作品にも出演
テレビ東京ドラマ『最上の命医シリーズ』(2011年~2019年)
日本テレビドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(2016年)
映画『昼顔』(2017年)
映画『麻雀放浪記2020』(2019年)

水島 守役(風間俊介)

こんな作品にも出演
TBSドラマ『マッチング・ラブ』(2013年)
読売テレビ・日本テレビドラマ『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』(2019年)
映画『少女椿』(2016年)
映画『猫なんかよんでもこない。』(2016年)

桑島 すみれ役(浜辺美波)

こんな作品にも出演

NHKドラマ『大奥 最終章』(2019年)
映画『賭ケグルイ』(2019年)
映画『センセイ君主』(2018年)

その他キャストも多数出演

吹越満、浅田美代子、原田美枝子、山本美月、ほか

僕のいた時間(ドラマ)の原作ってあるの?

ドラマ『僕のいた時間』の原作はなく、脚本家である橋部敦子さんのオリジナルストーリーになります。

橋部敦子さんといえばドラマ『救命病棟24時』やドラマ『僕の歩く道』の脚本家としても有名です。

僕のいた時間(ドラマ)の主題歌を歌うのはRihwa

ドラマ『僕のいた時間』の主題歌を歌うのはRihwaさんの『春風』です。

切なく綺麗な歌声とメロディが、胸に刺さるこちらの楽曲。ドラマをより一層盛り上げてくれる一曲です。

僕のいた時間(ドラマ)が全話無料で見逃し視聴できる動画配信サービスのまとめ

ドラマ『僕のいた時間』の全話動画はFODプレミアムで無料視聴できます。

FODプレミアムは月額課金のサービスなんですが、Amazon Pay(アマゾンに登録してるクレジットカードでの決済)で支払うことで、初月は無料で利用できますよ。

無料期間中のいつ解約しても料金がかからないのでお得です。

FODプレミアム内の無料コンテンツを好きなだけ見られますし、さらには無料で読める電子書籍もたくさん楽しめます。

人生のリミットを意識したとき、どうやって残りの時間を生きるのか?周りの人達とどう向き合っていくのか?

視聴しながら色々な事を考えさせられるドラマとなっております。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

FODプレミアムを初回2週間無料
トライアル
で楽しむ!

今すぐ無料でお試し

初回2週間無料トライアルの
期間中に解約すれば解約金などは
一切かかりません。
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

FODおすすめポイント
月額料金888円に対して貰えるポイントは最大1300P(無料期間でも!)
アニメや映画、フジテレビ系ドラマやバラエティ30,000本以上を見放題!
FOD独占配信作品やオリジナル配信作品も多数あり
追加料金なしで雑誌が【130誌】以上読み放題!

※2020年8月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。