テレビ番組と芸能人のクチコミ満載の次世代TVメディア

ミラクル アインシュタイン~日本の科学はすごいんだ!スペシャル~ 2/28日放送回・冷めないお風呂!割れないスマホ!日本の科学者は凄かった!

TV☆Writer

いいね0
うーん0
閲覧数93

『ミラクル アインシュタイン~日本の科学はすごいんだ!スペシャル~』
という今後ノーベル賞を取るのでは?と期待されている科学者と共に芸能人が実験をして誰が一番凄い科学者なのか?を決める特番がやっていました

まずトップバッターに選ばれた科学者の実験は
『雪山でも全然冷めないお風呂作れるか』

どんなに寒い場所でも冷めずに温度を保ち続けられるかの実験
照英と共にこの実験を始める科学者は
省エネのための断熱材を日夜研究し開発し続ける
断熱のエキスパートと呼べる科学者

まず雪山でも全然冷めないお風呂を作る前に
熱の構造とどうしたら熱の冷めないお風呂を作れるかを解説していました

最初に熱という現象は分子が激しく動く事によって
分子同士がぶつかり熱が広がり伝わって行きます
じゃあその熱を遮断しその場所に熱を留めるにはどうしたらいいか?

それは分子の動きを止めて熱が周りに伝わらなくすればいい

実はこの方法はジャンパーやお布団にでも使われている方法で
空気は分子の動きを緩めて熱が伝わりにくくしてくれるので
ジャンパーやお布団には空気が入るように作られており
外の冷気を遮って中は暖かくなるとの事

しかし空気は分子の動きを完全に止めてくれるわけではないので
断熱材として違うものを使うとの事

その断熱材は「真空断熱材」

この真空断熱材はなんと熱を伝える分子そのものが無いので
この真空断熱材で囲ってしまえば熱を周りに逃す事無く
保温が可能という画期的な断熱材

この画期的な真空断熱材を使って作り上げたのが真空断熱風呂

その真空断熱風呂と普通のお風呂に
45度の温泉を入れ蓋を閉めて雪山に放置

次の日実験のために照英がこの2つのお風呂に入る事に
まず普通のお風呂に入った所なんと温度は19度!

照英が絶叫しながら死にかけていましたw

その後次に真空断熱風呂に入った所
冬山に一日放置していたというのになんと42.5度
真空断熱材の威力が完全に発揮され実験大成功!

この真空断熱材を使えば冬でも家は暖房費0になり
省エネにも地球環境にも素晴らしい事が起こるかもしれない
夢のような断熱材でした!

次に始まった実験は『5階から落としても割れないスマホ作れるか』
このスマホを作る実験には河北麻友子と
割れないガラスを研究し続けて25年のガラスのエキスパートの科学者

その科学者が取り出してきた物は「ドラゴントレイル」
このドラゴントレイルは硝酸カリウム溶液にガラスを何度もつけて
大きな分子と小さな分子がうまく混ざる事により
普通のガラスよりも薄くてとても硬いガラスで
このドラゴントレイルをスマホにくっつけました

そしてそのドラゴントレイルのスマホで
アパートの1階から順に落とし5階まで行く予定だったのですが
まさかの4階で木っ端微塵w

泣きの1回で違うドラゴントレイルのスマホで
4階に再挑戦する事になって成功したのですが
5階でまたしてもあっさり木っ端微塵w

しかし諦められない科学者が出してきたのは「ニュードラゴントレイル」
そこまで一切情報のなかったガラスが出てきた上に
どんな物なのかは極秘情報で何も教えられないという
ニュードラゴントレイルで作ったスマホを
5階から落として成功したのですがスタジオ大ブーイング

「急に説明も無し前触れもなしに出してきたのはダメ!
 ガラスの話じゃない!倫理観な話!」
という澤部のツッコミは正論でしたw

しかしニュードラゴントレイルが
5階から落としても割れなかったのは事実であり
このニュードラゴントレイルがスマホに使われる様になれば
割れないスマホが実現する可能性もあるなと感じました

次の実験が『ドローンは人間が操縦しないで離島に宅配できるか』
荷物をもたせたドローンを人間が操縦しないで自動操作により
2つの離島に届けられるかという世界初の実験に挑戦

この実験を佐藤栞と共にやった科学者は
世界初の自律飛行型ドローンの開発に成功して
ドローン開発の最先端を走るドローンのエキスパート

今回の実験で使うドローンは22個の人工衛星の情報を活かし
自分の位置や周りの土地を正確に理解し
様々なセンサーで随時その場その場で自律して判断を下せ
1秒間に400回以上もの計算をするというハイテクな物でいざ実験へ

ドローンに積んだ荷物は離島に離れてくらす祖父と祖母へ渡す手紙
島民の人たちにあげるために生徒が作ったかんころ餅

まず手紙を最初に届けようとしたのですが
船だと30分ほどかかる場所を
たった8分で飛んで見事に手紙を島に届けて
すぐに自律で動き出して少し着地に手間取りながらも
かんころ餅を無事に届けて世界初の実験に成功

この実験には本当に未来を感じました

最近Amazonがドローンを使った配達が出来る様に実験をしていますが
この機械を使えば間違いなくドローンを使った配達は出来る
という確信が持てる実験でしたね

更にもう一つ世界記録を作れるフィンを作れるのかという実験もあった後
最優秀科学者を発表する事になり
結果はドローンを使った佐藤栞チームが優勝しました

しかしこの番組を見て感じたのは未来がすぐそこまで来ている事

機械のドローンが自ら宅配をする
断熱材を使って完璧な保温が可能になるなど
昔の人たちが憧れていた未来が今すぐ実現可能な所までやってきている
と思うと人間の進化という物は凄いなと感じるし
そしてその未来を担っていくのが日本人の科学者という事に
同じ日本人としてちょっと誇らしい気持ちにもなりました!

ドローンの宅配は何度か実験のニュースも流れてて、夢じゃないのかなって思いますよね!

ドラゴントレイルの旭硝子さん!ニューのが気になるよね。。。

関連番組

合わせて読みたいコラム

最新のコラム

人気のコラム