\ドラマ・映画など動画配信中のサービスを比較して紹介中(無料配信あり)/

死役所(ドラマ)が全話無料視聴できる動画配信サービスはコチラ

水曜ドラマ『死役所』は、2019年10月より放送開始されていたドラマになります。

あずみきしさんによる同名マンガをTOKIO松岡昌宏さん主演で実写ドラマ化したこちらの作品。

様々な理由でこの世を去ったものたちが訪れる「死役所」で働く職員シ村(松岡昌宏)と彼を取り巻く職員達も個性派揃いで、繰り広げられる人間ドラマに引き込まれる作品です。

そんな『死役所』を全話無料でイッキに観ることができるサービスがあります。

あらすじや出演者情報、感想・ネタバレと合わせてご紹介しますので楽しんでくださいね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

パラビを2週間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回2週間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

パラビのポイント
TBS・テレビ東京のドラマが8,000本以上を見放題!
パラビ(Paravi)限定配信が多数あり!
一つのアカウントで複数デバイスで視聴可能!
毎月500円のレンタルチケットがもらえる!

※2020年8月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトをご確認ください。

死役所(ドラマ)が全話無料視聴できる動画配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名配信状況
Paravi第1話から最終話までParaviで視聴可能

ドラマ『死役所』の動画はParavi(パラビ)で2週間はお試しで視聴できます。

さらに合わせてTBS系の他の作品も無料で見れるということで大変お得です。

無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかかりません。

関連記事

動画配信Paravi(パラビ)のメリット・デメリットを、使用しているからこそわかる2020年最新情報でお伝えしますよ♪他のサービスとの違いがよくわかるように説明していきます![afTag id=667]Paravi(パラ[…]

死役所(ドラマ)が全話無料視聴できるParavi(パラビ)登録方法と解約方法を画像付きで解説

\それぞれタップすると見られます/

Paravi(パラビ)の登録方法をタップして開く
1.Paravi(パラビ)のTOPページの「まずは2週間無料体験」か「無料体験はこちら」ボタンを押す
こちらの「Paravi(パラビ)」ページへ移動して下さい。
2.どの方法でアカウントを作成するか決める
※念のため、視聴確認は行われた方が良いかと存じます。
3.支払方法を選択
名前・性別・生年月日、支払方法、そしてログインに必要となるメールアドレスと任意のパスワードを入力していきます。
※メールアドレスにPINコードが送られ、そのPINコードを再度登録画面で入力して認証します。

4.登録完了
最後同意にチェックを入れ、「クレジットカードで登録する」ボタンを押して完了となります。

Paravi(パラビ)の解約方法をタップして開く
Paravi(パラビ)の解約方法はウェブサイト・アプリ(Androidのみ)とiTunes Store決済からの方法があるので注意してください。
【ウェブサイト・アプリ(Androidのみ)から解約】
1.解約したいIDでログイン
2.TOPページ画面右上のアイコンから「アカウント情報」を選択
3.「契約プランの確認・変更・解約」を選択
4.契約中のプランが表示されるので、「プラン解約」ボタンを押す
5.スクロールし最下部にある「解約を続ける」ボタンを押す
6.アンケートに答え、最後「解約をする」ボタンで完了

【iTunes Storeから解約】

1.「iTunes StoreとApp Store」を選択
2.「Apple ID」から「Apple IDを表示」を選択
3.「サブスクリプション」から「Paravi」を選択
4.「サブスクリプションをキャンセル」を選択

死役所(ドラマ)をParavi(パラビ)で無料視聴する

配信
2週間無料
配信
2週間無料
配信
2週間無料
▶今すぐ見る

※紹介している作品は、2020年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はParavi公式ホームページにてご確認ください。

死役所(ドラマ)をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

ドラマ『死役所』を安心・安全に無料視聴するならパラビ(Paravi)をお試し体験しましょう!

パラビ(Paravi)はこちらから>>

死役所(ドラマ)の再放送はある?

ドラマ『死役所』の再放送は、現時点ではなんとも言えません。

再放送があったとしても直近の見逃しを再放送で見るというよりかは、何年かしてからの一挙再放送の可能性はあると思います。

死役所(ドラマ)の各話あらすじ(1話~最終話)

\タップすると見られます/

第1話のあらすじ「自殺ですね?」

目を覚ました三樹ミチル(黒島結菜)は、見知らぬ場所にいた。ここはどこなのか?戸惑うミチルに声をかけたのは、総合案内係として働くシ村(松岡昌宏)だった。シ村の言葉で殺されたことを思い出したミチルは、他殺課でイシ間(でんでん)に「どうすればあの女に復讐できるのか」と訴える…。
その頃、シ村はベンチに座る中学3年生の鹿野太一(織山尚大)に声をかけていた。
シ村は、曲がった脚を見て、自殺課へ連れていく。成仏するには、成仏許可申請書に具体的な自殺理由を書かねばならない。ためらいながらも書き始める太一だったが、自殺の要因となった陰湿ないじめ、無関心な両親など嫌な過去が蘇り錯乱してしまう。そんな中、太一はシ役所である人物と遭遇する…。

第2話のあらすじ「母」

偶然「死刑課」の部屋にたどり着いた三樹ミチル(黒島結菜)は、シ村(松岡昌宏)、ニシ川(松本まりか)らが死刑囚だったことを知ってしまう。さらにハヤシ(清原翔)が、かつてニュースで死刑囚として報じられていたことも思い出し、死役所の職員たちに対する嫌悪感を募らせていく。
そんな折、ミチルは死役所のベンチでおくるみに包まれた赤ちゃんを発見。あやしても泣き止まない赤ちゃんを、シ村は大人と同じ淡々とした態度で「死産課」へ案内する。「死産課」が他の課と大きく違うのは、自分で申請書が書けないため、職員のシン宮(余貴美子)らが代筆しなければならないこと。早速、死に至った経緯を調べると、この“おチビちゃん”は、8年間もの不妊治療の末にようやく授かった、荻野泉水(酒井若菜)の待望の赤ちゃんだったことがわかり……。

第3話のあらすじ「人を殺す理由」

シ役所職員全員が死刑囚であることを知った三樹ミチル(黒島結菜)は、シ村(松岡昌宏)に「人殺し」と言い放つ。その瞬間にシ村が見せた表情は、普段は見せない厳しいまなざしで、ミチルは思わず言葉を失う…。
そんな折、シ役所で男が暴れまわる騒ぎが発生。ミチルとハヤシ(清原翔)が駆け付けると、坂浦眞澄(三浦貴大)が「店に戻してくれ」と叫び暴れていた。自分の死を知り愕然とする眞澄。「なんで俺まで殺されなきゃなんねぇんだよ」――実は、12年前に父親が殺された自らが営む定食屋で、殺害されたのだ。さらに、まもなく子供が生まれるといい、シ村に「何とかしてくれ」と懇願する。だが他殺課で殺害されるまでの記憶をたどっていくうちに、あまりに哀しい事実と直面することに…。さらに“他殺”と話していたミチルの死の真相が明らかとなる。

第4話のあらすじ「初デート」

シ村(松岡昌宏)が死刑になったのは自分の娘を殺したからだった。衝撃の事実に驚愕する三樹ミチル(黒島結菜)に、シ村は冷静に、成仏の期限まであと1日と告げる。条例にあるように“期間内に手続きしないと冥途の道を彷徨う”ことも。ハヤシ(清原翔)もニシ川(松本まりか)もイシ間(でんでん)も、これまでまっとうに生きてきたミチルは「一刻も早く成仏すべきだ」と口々に言うが…。
悩むミチルの前を、女の子がふらつきながら歩いていた。大けがを負って血まみれになった中学2年生の夏加(豊嶋花)だ。シ村が交通事故死課へ案内すると、大きな事故があったようで課員は大忙しの様子。代わりにシ村が申請書の手続きを始める。まだ14歳の夏加が短い人生を終えたのは、最初で最後のデート中のことだった――。

第5話のあらすじ「林晴也」

「お姉さんのことも後悔してないの?殺人犯の弟、持っちゃったんだよ」ミチル(黒島結菜)が放った言葉に動揺したハヤシ(清原翔)は、初めて“反省したい”と思う。そんなハヤシにシ村(松岡昌宏)は「振り返ることから始めてみては」と言い、ハヤシは殺人を犯した経緯を打ち明ける。
始まりは高校2年。祖父・清三(伊藤洋三郎)に剣道を習っていたハヤシは、父・雄作(草野康太)と3年も口を聞いていないほどの不仲。そんな折、清三が病気で死ぬ。清三の葬式後、父が吐き捨てた言葉は、ハヤシの“出生の秘密”だった…。
姉の理花(土居志央梨)は全てを知った上で寄り添ってくれたが、ハヤシは大きな十字架を背負ってしまう。さらに、幼馴染のまりあ(岡野真也)が同級生らからイジメられていることを知り…。人生の歯車が狂い出したハヤシの壮絶な人生とは…!?

第6話のあらすじ「カニの生き方」

病院着姿の佐尾高慈(中島歩)が病死課にやってくる。病死申請書に書かれた職業は「芸人」。生前、佐尾は高関一文(重岡大毅)と「カニすべからく」というコンビを組んでいた。
なかなか芽が出なかった「カニすべ」に、結成10年でようやくチャンスが訪れる。賞レース「デッドオアコント」の決勝戦出場が決まり、テレビでネタを披露することになったのだ。「チャンスを掴んで絶対売れよう!」と高関は息を巻くが、佐尾の表情はどこか浮かない。しかも帰り間際、佐尾が突然倒れこんでしまう。高関が掴んだ佐尾の腕は、あまりに細くなっていて…。
「デドコン」決勝戦当日。抽選の結果、「カニすべ」がトリを飾ることに。ところがいくら待っても佐尾がスタジオに現れず、高関は何かあったのではと焦り出す。

第7話のあらすじ「石間徳治」

シ村(松岡昌宏)が高齢の女性の案内を終えると、他殺課・イシ間(でんでん)が中学生の女の子の受付をしながら、一緒に泣いているところを発見する。イシ間は、泣き叫ぶ女の子の姿に、思わず姪っ子のミチ(田鍋梨々花)の姿を重ねていたのだった。イシ間は、シ村に「俺が殺した奴らもここに来たんだよな」と尋ねる。
生前、大工をしていたイシ間は、妻を亡くし独り身だったこともあり、空襲で死んだ弟夫婦の娘ミチを引き取り、実の娘のように大事に育てていた。ささやかながらも幸せな2人暮らし。大工の親方・殿村(一本気伸吾)からは、早く養子縁組をすべきだと言われるが、優しくて正義感あふれるミチの親に自分がなっていいのか、と二の足を踏んでしまう。そして、突然、悲劇は訪れる。それは残酷にもミチの優しさが引き起こした、あまりにもむごい事件だった――。

第8話のあらすじ「あしたのわたし」

シ役所他殺課に、絵本を抱えた少女・小野田凛(佐々木みゆ)がやってきた。凛は、シ村(松岡昌宏)に「いつもお母さんのことを怒らせていたから、凛は天国には行けないかも」と言うが、保育士・黒川あかね(吉田志織)に憧れていた生前の凛は、園児に読み聞かせをする心優しい子だった…。保育士のあかねは、凛の異変に気付きだす。不潔な身なり、不審な傷、保育園に迎えに来ない親……母親・瞳(前田亜季)の虐待を疑いだす。凛は「お母さんはとっても優しい」の一点張りだが…。

第9話のあらすじ「加護の会」

「加護の会に入信されていましたか?」――シ村(松岡昌宏)はロビーにいた寺井修斗(柄本時生)にそう話しかける。両指で輪を作る独特の仕草は、宗教法人「加護の会」信者の証。しかし、それをなぜシ村が知っているのか…。シ村の脳裏には、幸せそうに微笑む妻・幸子(安達祐実)の顔が浮かんでいた…。
ある日、寺井は祖母に誘われ、加護の会のトップ・蓮田栄山(吹越満)の講演会に参加。「あるがままのあなたを愛する」という蓮田の言葉は、高学歴の弟・恭平(濱田龍臣)へのコンプレックスを持つ寺井の心を徐々に解放していった。自分を受け入れてくれる信者たちの優しさにも触れ、悩み続けていた寺井にとって、次第に地位も名誉も関係ない加護の会が幸せな居場所になっていく。やがて寺井は家族も就職も何もかも捨て、加護の会に入信してしまう。

第10話(最終回)のあらすじ「お気を付けて」

イシ間(でんでん)が凛(佐々木みゆ)と成仏する日を迎える。凛を見つめるシ村(松岡昌宏)は、まるで同じ年頃の娘・美幸(松本笑花)の姿を重ねているかのようだった。
シ村の妻・幸子(安達祐実)は、料理を一切口にせず、何を言っても絵の具しか食べない美幸に焦っていた。医者からはこのままでは死ぬかもしれないと言われたという。そんな折、幸子は、心を解放してくれるという「加護の会」のチラシを近所でもらう。美幸の病気が治るかもしれない――藁にもすがる思いで行ってみると、蓮田栄山(吹越満)からは「あるがままを受け入れるのです」と教わる。しかし、その後も美幸の症状は変わらない。このままでは死んでしまう、全部私のせい――自分を責め続けた幸子は、ある日、美幸を連れて消してしまう。「加護の会へ行ってきます」の書置きだけ残して…。

公式HPより引用

死役所(ドラマ)の全話無料視聴した感想・ネタバレはこちら

\タップすると見られます/

死役所(ドラマ)の全話無料視聴した感想・ネタバレ

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

全話視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★★

『死役所』を見ると死後の世界ってこんな感じならいいなと思える。
死んだ後、市役所のように部署分けされた死役所で書類を書いて天国(地獄)へ行く。私は死ぬと「無」しかないと思っていたから、この発想は面白いと思った。死んだ人にも色々な人生があったんだな、こんな人もいてるんだな、って色々と考えさせられる。生前、悪いことをしていたら地獄へいく。私も善行を積まなきゃと改めて感じさせられた。死んで来た人たちのエピソードだけではなく、中盤から死役所職員の過去のストーリーもあって、見応えのあるドラマだった。死んだけどなかなか成仏しようとしないミチルと、職員のシ村さんのキャラがドラマを面白くしていたと思う。他の職員のキャラクターも個性的な人たちばかりで面白かった。


40代男性
★★★★

死役所は奥が深いドラマだ。
自殺、他殺、病死、事故死など様々な理由で亡くなった人達のそれまでの人生を見るドラマ。ただその人生というのが辛く悲しいものばかりで見ていて考えさせられる内容だった。一番悲しかったのは死役所で働く青年ハヤシだった。自分の父親が祖父だったというけことを知ったことにより人生が一転してしまうというストーリーがインパクトを感じた内容だった。死役所に勤めるニシ川を演じる松本まりかの演技が1番際立っていた。美人だが態度が悪く冷たいニシ川という女性を完璧に演じていたなと思う。松岡昌宏が演じるシ村が感情を一切出さずに不気味な存在だったがスッと良いことを言うのに注目してもらいたい。

全話視聴した感想・ネタバレ

50代男性
★★★★

無表情な松岡昌宏さんが怖い
主人公のシ村ですが、原作マンガで感じる虚無の裏側にある激しさみたいなイメージとはちょっと違っていますが、演じている松岡さんは体も大きくて存在感があるだけに、無表情なだけで十分に恐いです。
イシ間役のでんでんさんはさすがですね。イシ間が殺人犯となってしまった背景と成仏に至るところが、とてもリアルでどちらのイシ間にも共感できるところがあります。
善と悪はまさに紙一重だという感じがします。
ニシ川を演じた松本まりかさんは「FFXⅡ」でリュックの声をやっていた印象が強いのですが、どこか色っぽくて、投げやりで、いい演技を見せています。
ハヤシを演じた清原翔さんも優しさと激しさのバランスがとれたいい芝居ですね。
そしてミチル役の黒島結菜さんですが、可愛いけど間抜けな死に方をした難しい役ですが、序盤の狂言回しとしてお見事でした。
思っていたより骨太な、いいドラマだと思います。


40代女性
★★★

死役所で働く人達は、悲しい過去がある
皆、法を犯して死刑となり、死役所で働いているので、どんな凶悪な人達かなと思っていたら、死役所にやってきた人達に礼儀正しいので、本当に死刑囚だったのかなと疑った。それぞれの生前の行いを知ると、ある意味被害者に当てはまる人ばかりだなと思った。イシ間さんだって、孫に酷い事をされて殺人者になってしまったし、ハヤシさんだって必死に生きてきたのに、裏切られ絶望してしまったので、みんな可哀そうだなと思った。シ村は、ほとんど表情を変えないので、冷たい人で感情がないのかな、本当に娘を殺したんじゃないかと思った。でも、妻と娘が宗教に洗脳された時は必死に感情むき出しな様子を見て、大事にしてたんだと思った。冤罪を承知で死役所で働きながら、妻を待っているのかと思うと、切なくなる。

全話視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★

松岡昌宏さん(俳優名)はさっぱりとした役柄だけれども時々相手のことを思って話や行動をしていて冷静な役があっていたなと思いました。一番印象的な4話の豊嶋花さん(俳優名)の演技もすごく女の子の素直な気持ちを表現していてよかったなと思いました。好きな人と離れ離れになってしまう前に初めてできたデートで足が靴ずれで痛くなっても手を繋ぎたいなど繊細な気持ちが伝わってきて感動しました。最後に松岡昌宏さん(俳優名)が記念のボールペンについた血を綺麗に取って渡すシーンも優しさが伝わって良かったです。他にも死役所で働いている人が犯罪を犯してしまった人だったりと本当にそうなのかなと思うような内容もあったので楽しめました。原作の漫画は他にも話があるので続編が見てみたいです。


20代女性
★★★★

怪演・松岡昌宏
昔からギャグキャラをさせれば天下一品、近年ではミタゾノさんという強すぎるキャラクターを獲得している主演の松岡昌宏さんですが、暗い方面の演技もものすごく達者な方だなと改めて感じさせられる作品でした。昔の主演作品「天国に一番近い男」も大好きでしたが、完全に死後の世界で働いているシ村はあのとき相棒役を演じていた陣内孝則さんの雰囲気にほんの少し通じるものがあるように感じます。原作コミックの得体の知れない不気味さや本人が奥底に抱えている悲しみも、違和感なく実写ドラマに落とし込んでいるのが流石です。それぞれのエピソードに登場する死者たちにむかついたり一緒に悲しんだりと観ているだけでも感情が忙しいですが、よくできていて面白いです。

全話視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★

『死役所』は毎話感情がえぐられる!
原作が漫画ということもあってストーリーは奇抜でとてもミステリアス。テーマも「死」とちょっとヘビーだけど1話完結だから割とサクッと見れちゃいます。
主演の松岡昌宏さんはもちろん、わきを固めるでんでんさん、松本まりかさん、清原翔さんも世界観抜群で一瞬「死後の世界には本当に死役所ってあるのかな?」と錯覚してしまうほどハマってらっしゃいました。
毎話ゲストが変わり、そのストーリーごとの「死」にテーマがあるんですが、個人的には2話は見ていて一番苦しかったですね。自分自身に重ね合わせてしまって。
その回のストーリーやゲストに自分自身を重ね合わせて感情をえぐられた人はきっと私だけじゃないはず。
そんな『絶対にありえない!けど、誰にでもあり得るよね…』という複雑な気持ちにさせられるドラマでした。
死役所で働くメンバーの過去というか死役所で働くことになった理由は回を追うごとに少しずつ明らかになったのですが、松本まりかさん演じるニシ川だけ闇に包まれたまま終わってしまったのでスピンオフ作品を期待しています。


20代女性
★★★★★

ゴールデンタイムに放送して欲しかった!
漫画からハマり、ドラマ化することになってとても嬉しかったです。死役所の総合案内をするシ村さん演じる、TOKIOの松岡くんはハマり役でした。笑顔でいるけどその奥には何かを隠しているような雰囲気や、ところどころ見えるシ村さんの壮絶な過去を隠そうとする演技は、素晴らしかったです。
死役所は、1話完結なので毎週違った話がメインになります。毎回思いますが、いろんな人がいて、いろんな生き方があって、人それぞれ思っていることや感じていることは違うんだなぁと。いろんなヒューマンストーリーがあって、人間同士のことは難しいと考えさせられます。
個人的には、死役所で働いているイシ間さんが成仏するお話が好きなのですが、是非いろんな方に見て貰いたいです。
因果応報ではありませんが、人を傷つけていいことはないなと改めて思わせてくれた作品です。

全話視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★

漫画で人気のあった作品。主役のシ村を誰か演じるかと思ったらTOKIOの松岡くん。意外な配役でしたがはまり役でした。死んだ人が訪れる死役所。中にはどうして死んでしまったかわからない人たちもいる。漫画でもいろんな理由や事件事故で死んでしまい訪れて何故ここに来たか、何故死んだかを分かってあの世に行く。知ったからと言ってその先に何かできるわけでも無いし、残した人たちにメッセージを伝えられるわけでは無い、救いがないストーリーが多いけど切ない話が多かったかなと。ゲストも毎回豪華でしたし、清原翔くんの役がとてもつらい悲しい役でした。原作はまだ続いてますし、1話完結も多いので是非ともドラマでも続編を希望しています。


20代女性
★★★★

死役所は大好きな漫画でしたので、ドラマ化されると聞いてすごく嬉しかったのを覚えています。
今回のドラマ化では主人公のシ村をTOKIOの松岡昌宏さんが演じられるということで、普段熱い兄貴分のイメージの強い彼がどのようにあの冷静なシ村キャラを演じるのかわくわくしていました。
実際ドラマが始まると、松岡さんを始め他の役者の方もとてもはまり役で漫画の雰囲気を忠実に再現されているのが原作ファンとしては嬉しかったです。
ストーリーも原作通り、悲しくも感動できる人間物語でところどころ涙を流しつつみさせてもらいました。
完全にすっきりとした最期を迎えることができる人なんていないのかもしれないと、自分の今までの言動を振り返りつつ考えさせられるシーンも多かったです。

死役所(ドラマ)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

シ村役(松岡昌宏)

こんな作品にも出演
TBSドラマ『名奉行!遠山の金四郎』(2017年)
TBSドラマ『夜王』(2005年)
日本テレビドラマ『ナースマン』(2002年)
映画『映画 怪物くん』(2011年)
映画『ゴジラ FINAL WARS』(2004年)

三樹ミチル役(黒島結菜)

こんな作品にも出演
NHKドラマ『アシガール』(2017年)
日本テレビドラマ『時をかける少女』(2016年)
映画『カツベン!』(2019年)
映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』(2018年)

イシ間役(でんでん)

こんな作品にも出演
テレビ朝日ドラマ『緊急取調室』(2014年)
NHKドラマ『あまちゃん』(2013年)
NHKドラマ『コラ!なんばしよっと』(1997年)
映画『ブラック校則』(2019年)
映画『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』(2014年)

ニシ川役(松本まりか)

こんな作品にも出演
テレビ朝日ドラマ『ホリデイラブ』(2018年)
NHKドラマ『純情きらり』(2006年)
NHKドラマ『六番目の小夜子』(2000年)
映画『ニセコイ』(2018年)
映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(2017年)

その他キャストたち

織山尚大、酒井若菜、山井飛翔、中島歩、重岡大毅、前田亜季、安達祐実、吹越満、ほか

死役所(ドラマ)の原作ってあるの?

ドラマ『死役所』の原作はあずみきしさんのコミック『死役所』になります。

あずみきしさんは『死役所』がデビュー作となっており、現在他の作品はないようです。

死役所(ドラマ)が全話無料視聴できる動画配信サービスのまとめ

ドラマ『死役所』の動画はParavi(パラビ)で2週間はお試しで視聴できます。

さらに合わせてTBS系の他の作品も無料で見れるということで大変お得です。

無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかかりません。

死者の行き先を決める「死役所」が舞台となるこちらの作品は、シリアスながらも味わい深い作品となっており、登場人物達の葛藤や生き様は視聴者の心に突き刺さります。

是非じっくり腰を据えて観たい一作となっております。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

パラビを2週間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回2週間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

パラビのポイント
TBS・テレビ東京のドラマが8,000本以上を見放題!
パラビ(Paravi)限定配信が多数あり!
一つのアカウントで複数デバイスで視聴可能!
毎月500円のレンタルチケットがもらえる!

※2020年8月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトをご確認ください。