\ドラマ・映画など動画配信中のサービスを比較して紹介中(無料配信あり)/

手紙(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスはこちら

『手紙』は、2006年に公開された日本映画になります。

東野圭吾さんの同名小説を原作としたこちらの作品は、弟の学費の為に罪を犯してしまった兄と、その罪に苦しめられながらも懸命に生きる弟の物語。

弟役を演じる山田孝之さんはじめ、豪華俳優陣の繊細な演技も見所となっております。

そんな映画『手紙』のフル動画を無料で楽しむ方法がありますので、あらすじや出演者情報、感想・ネタバレと合わせてご紹介していきますね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

UーNEXTのポイント
●毎月1,200ポイントが自動でチャージ!
●月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴が可能!
●アニメや映画、ドラマやバラエティ、成人作品など140,000本以上が見放題!
●作品をダウンロードして外出先で気軽に観られる!
●追加料金なしで雑誌が【70誌以上】読み放題!
●アダルトコンテンツが13,000本以上見放題!

本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

手紙(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名配信状況
U-NEXT(ユーネクスト)フル動画をU-NEXTで視聴可能

映画『手紙』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントも付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

関連記事

動画配信サービスU-NEXTのメリット・デメリットを、使用しているからこそわかる2020年最新情報でお伝えしていきます。意外なメリット・デメリットがありますので期待してみてくださいね。[afTag id=592][a[…]

手紙(映画)のフル動画が無料視聴できるU-NEXTの登録方法と解約方法を画像付きで解説

\それぞれタップすると見られます/

U-NEXTの登録方法をタップして開く
1.U-NEXTの作品ページの「今すぐ見る」ボタンか、もしくはTOPページの「まずは31日間無料体験」ボタンを押す
こちらの「U-NEXT 」ページへ移動して下さい。
※作品ごとのアクセスであればこのような画面です。2.個人情報を入力
名前・性別・生年月日、電話番号、そしてログインに必要となるメールアドレスと任意のパスワードを入力していきます。
※作品ごとのアクセスであればこのような画面です。
3.支払方法を選択

4.登録完了
登録お疲れ様でした!

U-NEXTの解約方法をタップして開く
1.解約したいIDでログイン
必ず親アカウントでログインしてください。
2.画面左上から「設定・サポート」を選択
3.画面最下部までスクロールし [ 契約内容の確認・変更 ] を選択
4.利用サービスの解約を選択する
※NHKまるごと見放題パックを自動更新もこちらで変更可能です。
5.「次へ」を選択し、アンケートに答えて無事解約完了です。

※Amazon Fire TV/Fire TV Stickで会員登録、またはAppleIDでの自動課金で月額プランをご利用の場合は解約方法が異なるので下記を参考にしてください。
Amazon Fire TV/Fire TV Stickで会員登録した場合 >>
AppleIDでの自動課金で月額プランを利用中の場合 >>

手紙(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービス比較

配信
31日無料
▶今すぐ見る
オススメ)
配信
2週間無料
▶今すぐ見る
配信
×
2週間無料
配信
▲(有料)
2週間無料
▶今すぐ見る

※紹介している作品は、2020年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各公式ホームページにてご確認ください。

手紙(映画)のフル動画をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

映画『手紙』を安心・安全に無料視聴するならU-NEXTのお試し体験がおすすめ!

U-NEXTのはこちらから>>

手紙(映画)のあらすじ・ストーリー

\見たい方はタップしてください/

手紙(映画)のあらすじを開く

漫才師を目指す武島直貴は、人には言えない秘密があった。それは服役中の兄がいるということ。兄・剛志は直貴の学費のために盗みに入り、誤って人を殺してしまったのだ。やがて直貴が若手お笑いコンビとして注目され始めた時、秘密が世間に知られてしまう…。

公式HPより引用

手紙(映画)のフル動画を無料視聴した感想・ネタバレはこちら

\見たい方はタップしてください/

手紙(映画)のフル動画を無料視聴した感想・ネタバレを開く

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★★

東野圭吾ファンなら発見の作品「手紙」

弟の学費のために誤って強盗殺人の罪を犯してしまった兄と、その弟の苦悩を描いた作品です。
今まであまり無かったのではないでしょうか?殺人の当事者ではなく、殺人犯の家族の苦悩を描いた映画です。どこに行っても殺人犯の兄を持つという理由で虐げられる弟・山田孝之。見ていて辛かったです。自分の力ではどうすることもできない差別と偏見の嵐。もし自分の身近に殺人犯を家族に持つ人がいるとしたらどうだろう、と考えました。やっぱり、深い関わりは持たず、距離を置いたり逃げたりしてしまうと思います。映画の中の弟には同情してしまうのに、自分が彼の近くにいたらやはり差別してしまう…どうしようもないジレンマに襲われましたね。
やがて時は流れ、兄・玉山鉄二が服役中の刑務所に弟が友人と漫才で慰問しに行くラストシーンが、この映画一番の見どころだと思います。塀の中って、こんな娯楽の時間も声を出したりしてはいけないらしくて、リアクションは声援じゃなくて拍手。拍手が声援の代わりのようでした。弟を舞台上に確認した時の兄の表情が、驚きと興奮と喜びと悲しさと、いろんな感情が入り混じった表情をします。目一杯の声援を送ることも、抱き締めて謝罪することもできず、ただただ力一杯の拍手を送る兄。兄の感情が爆発するのに合わせて、私も泣けてきました。


30代女性
★★★★★

東野圭吾さんの作品は、人間の苦悩や葛藤・後悔等、人間の醜い部分やマイナスの感情の揺れ動きに焦点を当てたストーリーが多いですが、その中でも特に「手紙」は映画にすると尚更、最後まで観終えると心が痛くなり、暫く他の事に何も手が付かなくなってしまうようなストーリーです。塩尻エリカが演じる白石だけはイメージが内容と少し異なるものの、他の登場人物を演じる役者は、概ねイメージ通りだと思います。
「手紙」のストーリー展開は常に究極の選択(どちらを選んでも、一生後悔し続けるような)の繰り返しで、大切な弟の人生を守るために、反社会的な行為をして刑務所へ入ったり、妻と子供の人生を守るために、服役中の兄(親代わりの恩人でもある)を見捨てたり・・・。毎度ながら、この映画にも主人公の味方になってサポートしてくれる人物も登場するけれど、どんなに味方がいても、新たな信頼関係を築くことができても、1人の人間が1度抱えてしまった孤独は、決して消えることは無い。(そういうタイプの孤独もある)その意味で、誰もが孤独を抱えているものだという人間の本質のようなものに、改めて気付かされた映画でした。
どちらを選んでも一生後悔するような選択肢が2つある場合、あなたはどちらを選びますか?また、選んだ結果を受け止め、様々な苦悩と後悔の中で孤独に耐え続けることができますか?

視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★

大抵の物語は犯人を捕らえてハッピーエンドに、でも殺人や強盗など罪を犯したものはことごとく悪い人間と言うことは出来ないのです。自分だって同じ立場に陥ったら罪を犯さないと100パーセント言い切る自信などありません。しかしながら一度刑務所に入れられた人間は、その血縁者も含めてことごとく虐げられます。本当にそれでよいのか、いわれなき差別に歯向かおうと東野圭吾さんは戦っているのが分かります。それでも相手にするのは強大で得体の知れない敵、とても勝つことなど出来ないです。絶縁したいと伝える彼の気持ちもよく分かりました。とても重いテーマ、それに救いようがなく暗くハッピーエンドとは言えない作品ですから観る時は選ぶかもしれませんが自分がいつどの立場に陥るかもわからないのですから、観ておいて損は無いでしょう。現実に、自分や家族を守らなければならないのであり犯行を行うような凶悪な人物の身内が大丈夫とは言い切れません。刑務所に入ったからと言っても反省しているとは限らず、だから普通の人の対応も間違っているわけでは無いのです。様々な葛藤の最後に流れる小田和正、音楽の力もありこみ上げてくるものがありました。引き込まれていきます。


50代女性
★★★★★

東野圭吾さんの「手紙」。ミステリー小説のイメージが大きいと印象もつ方も多いかもしれないですが、これは人間の心が徐々に変わっていく過程を表現された作品ですね。
主に加害者である弟役を演じる山田孝之さんの。

この「手紙」は心に残る映画です。
私は映画より先に小説を読みました。小説でも泣けるのに、映画はヤバいですね…。

何度見ても同じところで胸が痛く、悲しくなります。
お兄さんの気持ちも、弟側の気持ちも、どちらの心情も胸が痛くなる程もわかる。。

刑務所からお兄さんは、唯一の繋がりである弟に手紙を書く。それだけが繋がりを感じる方法、希望だったんだと思います。

弟の方は最初は自分のために殺人まで。。とお兄さんを思っていたのに、段々と何と言うんでしょうか。。
(お兄さんは弟の進学のためお金が必要で盗みに入って、殺そうとなんて思っていなかったところから、私はもう切なくて切なくて…)
お兄さんが人殺ししたせいで自分はこんな目にあっているとお兄さんを疎ましく思ってくる 心境の変化。

どっちも苦しかっただろうなと、この辺りで涙があふれてきてしまいます。。

とうとう絶縁してしまうところ。

それから最後、お兄さんのいる刑務所に漫才の慰問に行ったところのシーン。
直接2人は話す事はなかったけれど、2人の心がまた繋がった様な。
ちょっとだけ良かった。と最後は思えますが、見終わった余韻はやはり切なく胸が痛いです。

でも絶対おすすめできます。

視聴した感想・ネタバレ

30代男性
★★★★

『手紙』で兄弟の、家族の愛情を感じてみてください。
『手紙』という映画は東野圭吾さんの小説がもとになっています。
東野圭吾さんの作品で面白くないわけがない!!そう思いながらこの映画を僕は見ました。
内容は全く知らなかったので、正直驚きの連続。というのが最初の感想です。
ですがストーリーが進むにあたって、涙が止まらなくなりました。
自分自身をどの役に当てはめたという訳ではありませんが、兄・弟・弟の奥さん・娘さん、それぞれの気持ちになってしまい本当に最後まで涙が出っ放しの状態でした。
恥ずかしながら二回も見てしまい、二回とも大号泣(汗)。
それほどいい作品です。
少しネタバレになってしまうかもしれませんが、兄は弟のために犯罪に手を染め、刑務所に入ってしまいます。
それによって弟の生活環境は悪い方へと進んでしまうのですが良いことも少しずつ増えていきます。
犯罪者の家族。というだけで弟の家族が苦しむ姿は心が痛みました。
それでも弟は兄を思い、また離れている兄も弟を思い続けます。
家族の愛情の深さにきっと誰もが感動すると思います。
そして涙を流しながら考えてみてください。
あなたがあの兄弟のような環境に置かれた時、あそこまで兄弟、または家族を思い続けられるかを。

手紙(映画)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

武島直貴役(山田孝之)

こんな作品にも出演
TBSドラマ『タイヨウのうた』(2006年)
テレビ東京ドラマ『勇者ヨシヒコシリーズ』(2011年)
テレビ朝日ドラマ『dele』(2018年)
映画『50回目のファーストキス』(2018年)
映画『何者』(2016年)
映画『信長協奏曲』(2016年)

武島剛志役(玉山鉄二)

こんな作品にも出演
日本テレビドラマ『そして、誰もいなくなった』(2016年)
NHKドラマ『マッサン』(2014年)
NHK大河ドラマ『天地人』(2009年)
映画『NANA』(2005年)
映画『NANA2』(2006年)
映画『ルパン三世』(2014年)

白石由実子役(沢尻エリカ)

こんな作品にも出演
フジテレビドラマ『 1リットルの涙』(2005年)
テレビ朝日ドラマ『白い巨塔』(2019年)
映画『億男』(2018年)
映画『ヘルタースケルター』(2012年)
映画『猫は抱くもの』(2018年)
映画『 不能犯』(2018年)

中条朝美役(吹石一恵)

こんな作品にも出演
TBSドラマ『ママとパパが生きる理由。』(2014年)
テレビ朝日ドラマ『バラ色の聖戦』(2011年)
映画『スクール・オブ・ナーシング』(2016年)
映画『永遠の0』(2013年)
映画『 十三人の刺客』(2010年)

緒方忠夫役(吹越満)

こんな作品にも出演
映画『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』(2019年)
映画『宇宙兄弟』(2012年)

その他キャストも多数出演

風間杜夫、山下徹大、田敏江、杉浦直樹、ほか

手紙(映画)の原作ってあるの?

映画『手紙』の原作は毎日新聞に掲載した小説『手紙』になります。

作者は東野圭吾さんで連載されたのは『手紙』の他に『ナミヤ雑貨店の奇蹟』や『容疑者Xの献身』があります。

手紙(映画)の主題歌を歌うのは高橋瞳

映画『手紙』の主題歌を歌うのは高橋瞳さんの『コ・モ・レ・ビ』です。

ゆったりとしたメロディが心地よいこちらの楽曲、映画の内容にもぴったりの優しく温かくどこか切ないナンバーとなっております。

手紙(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスのまとめ

映画『手紙』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントもポイントが付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

犯罪者の家族につきまとう世間の冷たい目や差別など重たいテーマの作品ですが、キャスト陣の演技が素晴らしく登場人物達の葛藤が心に突き刺さります。

ストーリーを追いながら、色々な事を考えさせられる作品ですね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

UーNEXTのポイント
●毎月1,200ポイントが自動でチャージ!
●月額2,189円(税込)で最大4人まで同時視聴が可能!
●アニメや映画、ドラマやバラエティ、成人作品など140,000本以上が見放題!
●作品をダウンロードして外出先で気軽に観られる!
●追加料金なしで雑誌が【70誌以上】読み放題!
●アダルトコンテンツが13,000本以上見放題!

本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。